「深い生き方」 なつみ

5月11日

 今日は、ナスもピーマンも植え終えることができて、畑作業はまだまだやりたいことが沢山あるけれど、みんなから、自分の仕事一つひとつに責任を持って、確実に目の前の作業を終えらせていこうという空気を感じ、たくさん力を貰いました。

 昨日は、夕方にまえちゃんとやよいちゃんとさやちゃんと、夕食を遅らせて、いいとこ下畑でナスの支柱立てをしていました。
すると、保育園前畑の方から「ゴゴゴゴゴ」という機械音がしました。
(もしかして、永禮さんのトラクター…)と思って、じっと道路を見ていたら、曲がり角から、大きなトラクターに乗った、白い作業着を着た永禮さんと目が合って、思わず手をブンブンと振ると、永禮さんも同じくらい手を振ってくださって、今日はとてもいい日だと思いました。

 わたしと目が合ってしまった永禮さんは、当たり前のようにそのまま畑の横に、トラクターをつけて、支柱立てを手伝ってくださいました。
 その数分後には、軽トラに乗ったあけみちゃんがふみちゃんも連れて来てくれて、そしたらあゆちゃんが来て、最後には上着を探しに来たさりーちゃんまで手伝ってくれました。
 わたしは、リーダーではないけれど、純粋にみんなが来てくれたことが嬉しくて、みんながスーパーマンでした。

 自分の時間を削ってきてくれる人がいるのは、やよいちゃんの人格の表れだと思いました。
 いつも、本気で生きていて、目の前の作業、人、野菜、何一つないがしろにできないやよいちゃんの強い責任感と真面目さが、人を惹き付けるのだと思いました。
 それで、わたしもやっぱりやよいちゃんのことが好きだなと思います。
 誰にもないものをやよいちゃんは努力で作ってきて、深い生き方を、良い生き方をして来たら持てる魅力なんだなと、思います。

 今日は、やよいちゃんと同じ気持ちで少しは過ごすことができたんじゃないか、まだまだもっと添えるはずだけれど、ナスもピーマンも植えられたということが、わたしもとてもうれしかったです。

 最近は畑が忙しくて、素直に疲れました!
 でも、「疲れたー!」と言いつつ、わたしは毎日とても嬉しくて、楽しくて、特別大きな何かがあるわけではないけれど、今日はみくちゃんのお誕生日をお祝いできて、小さな幸せをたくさん見つかるこの頃が、ずっとであってほしいなと思います。

 今日も一日ありがとうございました。
 おやすみなさい。