「少しの形でも」 みく

5月10日

 お母さん、いつもありがとうございます。
 昨夜は、ささやかだったけれど、みんなとお母さんへの気持ちを込めて『ハナミズキ』を演奏できて、お母さんに喜んでいただけたことが、本当に嬉しかったです。お父さんの『RUN』も、きかせてもらう度に好きになり、嬉しかったです。

 お母さんのことが大好きです。
 お母さんのように、正義を持って、強く求める気持ちを持って、生きていきたいです。
 お母さんの言葉を、もっと深く理解できるように、心に落とし込みたいです。
 未熟でも、1人の人間として自分の足で立って、品格高く、やさしさを持って生きたいです。

 お母さんに、これまでのことを言葉でうまく伝えることができないから、少しの形でも、気持ちを音楽を通して、お母さんに伝えることができたら良いな、という気持ちだけでした。お母さんの好きな花の1つである「シャクヤク」も、どうか母の日に咲いてほしいと願っていたら、きれいに咲いてくれました。

 お母さんに、これまで本当にたくさん自分の間違いや理解の浅さで、悲しませてきてしまったことが、自分でも悔しく、申し訳なくて、言葉にしきれないけれど、1番は、私がなのはなの子として、自分らしく生きて見せて、あとに続くみんなの希望となることが、唯一、力になれるものだと思っています。

 人として寸前のところまで行ってしまったけれど、心の底で、本来の私が、ずっとお母さんのことが好きな気持ち、お母さんの子として生きたい、という気持ちを諦めることができず、救われたと思います。
 お母さんは、いつでも変わらずに、私の歪んだ部分ではなく、私の本質(人間の部分)を見続けてくださって、お前はそうじゃないだろう、こう生きたいだろう、本来はこういうだろう、そんなふうに、人として期待して信じているから、導いてくださっているようにも感じます。

 今日は、頭がまわらず、浅い言葉しか出てきませんが、お母さんに、ほんのわずかでも、気持ちを伝えたかったです。見捨てずにいてくださって、ありがとうございます。前向きな姿勢を忘れずに、今日より明日という気持ちで、信じて精一杯に生活します。

 お父さん、お母さん、大好きです。おやすみなさい。