「バナナ色」 るりこ

5月10日

○園芸作業
 お父さん、お母さん、今日は嬉しい日でした。午前、午後と、みくちゃんと園芸作業に入らせてもらいました。

 吉畑ハウス下のキンセンカが、今ピークを迎えています。
 畑いっぱいに目が覚めるような鮮やかなオレンジと黄のキンセンカが咲き誇っています。これまではあまりキンセンカに思い入れがなかったのですが、ここまで旺盛に咲いている姿をみると、ついつい気になってしまって、今日1日だけでもキンセンカの好感度がぐっと上がりました。

 嫁入りに向けて、みくちゃんと時間をかけてたくさん収穫をしました。取っても取っても取り切れないと言っても大袈裟ではないくらい、バケツ3杯分以上取りました。
 それなのに帰りがけに再び見ると、また咲き出したものが出てきたように見えて、さすがに圧倒されてしまいました。(結局、午後に再び取りました)
 

 今日の園芸のニュースでいうと、グラジオラスの球根の植え付けをしたことと、ヒマワリの定植をしたことです。
 グラジオラスは、みくちゃんが新しく球根を購入してくれたもので、色がブルーとピンク、オレンジ、青紫の4種がありました。個人的には青紫が1番魅力を感じました。

 ヒマワリは、4月の初旬に種まきをしたものです。約1か月、1日もかかさずに見回りと水やりをしてきました。芽が出たときの喜びは今でも忘れられません。
 ヒマワリは花が大きいから体力があるのか、芽が出てからの生育は他の苗に比べて早く感じました。ポットでは窮屈だよと言いたげなほど大きくなってしまっていたので、ようやく広々とした畑に植え付けてあげることができて、わたしも安心しました。
 色はバナナ色です。お花なのにバナナ色というのが、また魅力の1つだと感じます。

 中途半端ですが、提出します。また続きを書きたいです。