「最近思った事」 のん

4月27日

○最近思った事
 最近、キャンプの準備でれいこちゃんチームで活動させてもらっていて思った事があります。試験の申込用紙が届いたり、5月12日には直前対策模試が始まることになっていたり、不安になろうと思えばなってしまえる状態での、キャンプ準備。

 最初はちょっと不安でした。でも、やらせてもらううちに、吹き矢で準備すること、考えなくちゃいけないことは山ほどあって、その責任を負っているれいこちゃんを思ったとき、れいこちゃんを独りにしたくない、と思いました。

 リーダーをさせてもらうとき、自分と同じくらいの責任感を背負って、真剣にやってくれる人が1人でもいることにどれほど救われただろうと思いました。逆に、勘違いであっても、自分1人だけで頑張っているような感じがしてしまったら、ものすごく孤独を感じてしまいます。れいこちゃんはそんなことにはならないかも知れないけれど、畑とか他のこともあるなか、精一杯でみんなに対していつも笑顔で引っ張っていくれいこちゃんを思ったとき、れいこちゃんのためにやろう、と思いました。

 そんな気持ちになったとき、勉強の不安は消え、100%れいこちゃんのために動けました。善意の誰かを助けるための手段として税理士を選んだだけなのだから、勉強時間が減ったとして、そこで精一杯やって落ちても手段が変わるだけ、なのはなの台所という手段になるだけ、と思ったら、気持ちが楽になりました。

 とはいうものの、それでもふと不安が戻ってきてしまう時があります。そういうときはやっぱり利己心が出てきてしまう、と感じます。動きにくいです。

 100%れいこちゃんだったり、目の前の大切な仲間のため、と思ったら、時間が足りないくらいやることがたくさん出てきます。でも、利己心が出てきたとき、やることはなくなります。そうすると何かに気持ちを逃がしたくなってしまいます。利他心でいるとき、そんな気持ちの出てくる暇はないです。利他心でないと本当に依存の気持ちが出てくるのだ、と感じます。

 今日のお母さんの利他心と利己心のお話も聞かせていただいて、全部綺麗に利他心に転換させようと改めて思ったし、そこに至るまでの自分の心の動きをしっかり感じて、覚えておきたいと思いました。

 それから、昨日のfireのお話。若いときから節約して、お金を貯めて、早期退職して、貯金を崩しながら慎ましく生きる。そんな生き方をするための本が売れている。

 それを聞いて、恥ずかしいことだけれど、なのはなに来る前、高校生のときに未来に希望がなくなったころ、私もそう思っていました。クラスの子も、早く定年退職したい、と言っていました。

 周りの大人たちを見て、働くのはお金のためで、お金があったらより良い生活ができる、幸せになれる。そのために働くのだ、と思い込んでいました。評価されたり、順位をつけられ続けなくちゃいけない。競争をし続けなくちゃいけない。お金を得て自分が幸せになるために。そう思ったら、だんだん疲れてきて、もう自分なんて幸せになんてならなくていいから、早く楽になりたい、競争から解放されたい、と思うようになりました。

 でもなのはなに来て、競争じゃない生き方を教えてもらいました。目の前の優しい誰かの気持ちを思ったとき、助けたい、力になりたい、と思えます。だから、その人のために、動く。働く、というのは、きっとそういうこと。それは目の前の人だけじゃなく、まだ見ぬ誰かも一緒。きっとこんな風に困っている人がいる、と思ったとき、助けになりたい、力になりたい、なれる自分でありたいと思うから、そう言う自分を作るための今がある。

 私の勉強は、未来に出会う困っている善意の誰かの役に立てる自分を作るための勉強。それが私の身の丈に合っていたら受かる、合っていなかったら落ちる。そしたら別の手段で誰かの力になる。ただ、それだけ。自分がその仕事が好きか嫌いかでなく、自分の力を最大限に発揮して役に立てる仕事は何か。ただ、それだけ。

 それがあの日の私が求めていた答え。だれも教えてくれなかった答え。きっと今の世界が欲している答え。文字で書いたら陳腐になってしまいますが、本当になのはなに来てよかった、と思いました。

 まとまりのない文章になりました。読んでくださってありがとうございます。お休みなさい。