4月26日(月)「新ハウスに、トマトを迎える準備を」

4月26日のなのはな

 トマトの畝立てと支柱立てをしました!
 先日、吉畑奥に建設した新ハウスには、3種類のトマトが植わります。

 建築チームのみんなが立ててくれた、美しいハウスに見合うような、畝や支柱を立てたい! と気合が入りました。
 畝の形はかまぼこ型の高畝です。
 水はけと通気性のいい畝、そして直線と曲線のメリハリのある、美しい畝を目指しました。
 まず、クワでしっかりと畝間の土を上げて、じょれんでピカピカに仕上げました。

 

P4260146

P4260149

 

 トマトの支柱は最もシンプルな形ですが、今季初の支柱立ての作業で、とても緊張しました。
 新ハウスには、1畝に28株、4畝で112株分のトマトが植わります。
 縦竹を畝間に並べて、80センチ間隔の目印のところにどんどんさしていきました。
 それから、かけやをつかってしっかりと打ち込みました。
 力持ちのメンバーがたくさんいてくれて、とても心強かったです。

 

P4260157

 

 両端の畝は、支柱の高さが天井にぎりぎりだったので、しほちゃんが穴あけドリルで穴を開けてくれて、ペアで思いっきり体重をかけて埋めていきました。
 予想外のハプニングでしたが、せーので支柱にぶら下がって、穴に埋めていくのはとても面白かったです。

 補強はスズランテープを使って行ないました。
 スズランテープをぴんと張りながら、縦と横の列に連結させていきました。
 全部の支柱が連結して初めて、頑丈な支柱が完成して、通りからもずらっと美しく並んでいる様子が見られて、達成感を感じました。

 

P4260162

 

 また、午後には、ハウスの入り口と出口の側面に、ネットをかける作業をしました。
 ひよどりには赤い実を食べる習性があって、トマトが鳥や獣に食べられてしまわないように、ネットで覆いました。
 幅1.5mの防虫ネットで、上手くドレープを作って、大きな側面を覆いたいと思っていたのですが、そのアイデアが実現してとても嬉しかったです。
 脚立に上って、パッカーやスズランテープを使ってきれいに止めることができました。
 どれみちゃんとさくらちゃんと一緒に、プチ建築部になった気分で、両面完成させられて嬉しかったです。

 

P4260116

P4260125

P4260129

 

 今、トマトの苗には花芽がつき始めていて、今週後半には植え付けられそうだなと思っています。
 夏野菜がいよいよ始まるのがとても楽しみで、畑の準備も心の準備もしっかりしていきたいです!

(れいこ)

 

***

 

 畑作業では、日々の水やりも精力的に行なっています。水菜や小松菜、アスパラガスなどは、水の量が収量へとつながる大切な要素です。水曜日からは雨が降る予報があり、山小屋キャンプに差し障りがないか、という心配はありますが、野菜にとっては恵みの雨になりそうです。
 河原大畑のサトイモは、種芋の先端から、3ミリほどのごく小さな芽を出しはじめました。 

 桃の摘果も進んでいます。夜には霜注意報が出たため、霜対策のメンバーは、いつでも出動できるように準備をしました。

 

page