「みんなで力を尽くしたなら」 ゆい

4月18日

 曇天かと思えば晴れ、そうかと思えば雨が降り、今夜は霜が降りる予報の変な天気の一日でした。午後はみんなで霜対策に出掛け、夕方は雨が降ってきてしまい、桃畑に設置した一斗缶に新聞で雨よけをしにいきました。あんなちゃんが放送を入れてくれ、動けるメンバーは全員で出動しました。なんとか缶の中が濡れないようにと、真剣な空気であんなちゃんがみんなに指示を出してくれ、車ごとに畑に散りました。

 雨脚は思いの他強まり、石生の桃畑で新聞が足りなくなったとき、上着を缶にかけて、身体は近くの屋根の下で雨をしのぎ、ゆりかちゃんが新聞をもってきてくれるのを待ちました。気温は下がって寒さは感じるけれども、こうして緊急事態をみんなの力で乗り切れると思うと力が湧いてきました。
 帰ってから、お母さんが話して下さったことが、本当にそうだと思いました。桃を守るためではあります。でも、目の前のたった一人のため。誰よりも真剣に責任を負って桃のことを考えるあんなちゃんの力になるために、みんなで動くこと。

 みんなでたった一人のために力を尽くして守ったならば、もしも失敗があったとしても諦めがつく。お母さんが、なのはなファミリーはそういう場所でありたい、卒業してもそういう気持ちを持って行ってほしいのだと話して下さったとき、私が、なのはなで過ごす時間の中で得てきた大切なことはこういうことだと思いました。最近は演奏はないけれど、みんなで演奏してきたことや、畑でのこと。困ったことがあったときほどみんなの力を感じたり、心強くて嬉しい気持ちになったことがたくさんあります。そのことが自分にとって宝物なのだと思います。

 あんなちゃんがどれだけ心を砕いて桃に向かっているかを知っていれば、少しでもあんなちゃんの力になりたいと思います。今夜は冷え込みがきつそうです。今夜は私は霜対策に出掛けないのだけれど、本当に、同じ気持ちでいなければと思います。もっと自分の気持ちを正していきたいです。

○畑で
 午前中はさきちゃんと梅林や発見畑周辺の草刈りをし、ミョウガの様子を見たら、ちゃんと出ていてとても嬉しくなりました。ハウス間より日陰の分、緑っぽさがなく、白かったです。雨が降ってきてしまったけれど、きりよく終えて、帰ってきました。

 午後にはりんねちゃんといちじくの霜対策に行きました。りんねちゃんが考えてくれた方法で藁を被せてきました。りんねちゃんが、こうしたいという気持ちで歩いていく後ろ姿が素敵で、2人で畑に冒険に行くようでした。

 手早く対策を終え、ジャガイモの霜対策に合流しました。こちらはみかちゃんがリーダーをしてくれていて、大人数で行いました。みかちゃんの説明がわかり易く、みかちゃ
んがリーダーをしてくれる作業が久しぶりでとても嬉しかったです。

 その後、ニラとネギを収穫し台所に届けました。台所前で、なるちゃんがタケノコの下処理をしていて、なるちゃんがいてくれる台所を感じて一層嬉しくなりました。
 それからさらに、もう一仕事。あけみちゃん、しほちゃんと一緒に草刈り機のグリスアップと草刈り機置き場の整頓をしました。最近少し手入れが滞り、置き場も整頓したいなと思っていたところでした。これから草刈りは毎日入ってくると思うので綺麗に管理していきたいです。永禮さんがくださったグリスを注入し、刃がスムーズに回る感覚がとても良かったです。一通りグリスアップは完了したので、次回使用するのが楽しみです。

 今日も盛りだくさんの一日でした。読んで下さってありがとうございました。