「2日間の桃の霜対策を終えて」 よしみ

4月11日

○2日間の桃の霜対策を終えて
 9日の夜と10日の夜の2日間、霜注意報が出ていたため、あんなちゃんたちと桃の霜対策をさせていただきました。私にとって初めての霜対策は、すごくすごく緊張もしたけれど、本当に楽しかったです。
 9日の夜は、年齢が若い子が多いこともあって霜対策をしている間の雰囲気も明るく、それにあゆちゃんとりゅうさんも居てくださって、とても元気なメンバーでした。
 
 私は、あんなちゃんの助手で各畑を回っていたのですが、あんなちゃんもすごく緊張しているのが伝わってきて、桃の花が霜にあたることが桃にとって致命的なことを改めて感じ、私もあんなちゃんと同じ気持ちで頑張ろうと思いました。点火するときはすごくスムーズにいき、1時間もかからないくらいで全ての畑に点火できたのですが、見回りのときに全体的に燃料が少なくて、油をつぎ足さなくてはいけなくなって、少しバタバタしてしまったと思います。
 
 ですが、あんなちゃんがすぐに対策を話してくださって、あゆちゃんとりゅうさんが率先して2人で油を全ての缶につぎ足していってくださり、無事に日の出まで乗り切ることができて本当に良かったです。私は9日の霜対策のとき、2回も流れ星を見ることができ、霜対策が成功するように星も応援してくださっているんだなと感じて嬉しくなりました。
 
 
 10日の夜は、お仕事組さんのよしえちゃんとみかちゃん、スタッフさんのゆりかちゃんとちさとちゃんが霜対策メンバーに居てくださって、前回とはまた違った冷静で落ち着いた雰囲気でした。夜中は本当に真っ暗で、普段ならすぐに気づける段差や溝などが暗いため全く見えなくて、足下が見えないのが1番怖かったなと思います。でも、ゆりかちゃんやちさとちゃん、よしえちゃんが携帯のライトで足下を照らしてくださって、危険なところも声をかけてくださったりして本当にありがたかったです。
 
 車をとめてから畑まで、みんなで全力で走っていき、終わったらすぐにまた車へ走って次の畑にいくというスピード感が面白くて疲れよりも楽しさの方が強かったなと思います。9日の夜は点火を含めて3周畑を回ったのですが、今回は合計で5周ほど全ての畑を回りました。前回の反省を踏まえて、今回は燃料資材の分量をもみ殻カップ4杯、米ぬかカップ5杯にして燃料を作ったところ、良い感じで最後まで燃料がもってくれてよかったなと思います。でも、少し油を多くしすぎてしまい、燃えるスピードが速かったので次はきちんと適量を守りたいです。
 
 2日間とも予報通り霜が降り、霜対策をして本当によかったなと思います。日の出の瞬間は何回見ても本当に綺麗で、感動と同時に桃を霜から守れたことに安心しました。事故もなく、無事に霜対策を終えることができて本当によかったなと思います。あゆちゃんとみかちゃんが暗い道でも安全に車を運転してくださったから、自分たちも霜対策ができました。あんなちゃんは夜からずっと気温を注意深く確認してくださったり、見回りのときもその都度的確な指示をしてくださって、本当にかっこよかったです。2日間連続で霜対策のメンバーに入らせていただき、ありがとうございました。
 
 また、霜対策が終わったあとは一斗缶を回収して燃料資材の廃棄をしました。1回目のときは米ぬかともみ殻と油を同時に混ぜて作ったためか、缶の四隅に燃料がこびりついてなかなか取ることができませんでした。でも、あゆちゃんがひろちゃん農園のひろちゃんの肥料の混ぜ方を参考にしてやったらいいかもと話してくださって、2回目のときは作る時に最初にもみ殻と油を混ぜ合わせてからあとで米ぬかをいれて再度混ぜ合わせる手順に変えて作ってみると、廃棄するときにほとんど缶の底にくっついていなくてすごく楽に缶の掃除をすることができました。この一手間だけでこんなにも変わるんだなと分かって、これから活かしていけるのが嬉しいなと思います。それに、みんなが、「2日間お疲れさまでした。今日はゆっくり休んでね」と声をかけてくださって、みんなの優しい気持ちも本当に嬉しかったです。