「ホウレンソウの芽」 えみ

4月11日

 今朝は、朝から雲一つない青空で、日中も日差しが暖かくて、外での作業が気持ち良かったです。明後日ぐらいから雨予報だということで、今日は定植や種まきラッシュの1日でした。
 
 朝の時間には、さやねちゃんと一緒に下町川のアスパラ畑に見回りに行きました。その帰り、この前、源平桜が咲いていたところのすぐ近くに紫がかったピンク色の綺麗な花が咲いているのが見えて、何の花だろうと思ってさやねちゃんに聞くと、「ミツバツツジだよ」と教えてもらいました。本当は4月下旬ごろの初夏に咲くお花だそうなのですが、今年はもうすでに満開でした。
 
 桜や桃の花はもう散ってしまって葉になってしまったけれど、これからはまた違った種類の花が増えてくるみたいで、季節の移り変わりって本当に早いなと思いました。

 食堂のテーブルにも最近チューリップやキンセンカをいけてくれていて、お花があるだけで、その場の雰囲気がぱっと明るくなるなあと思います。なのはなの周りは本当にたくさんのお花に囲まれていて、ここで今まで知らなかった美しい世界を見せてもらっていることがありがたくて嬉しいなと感じます。

 今日は午前中にレタスの定植、午後にホウレンソウの種まきをしました。
 ホウレンソウの種はなかなか芽出しが上手くいっていなくて、前回の2弾はハウスの中が暑すぎたからか、芽があまり出そろいませんでした。けれど、数日前に場所を6年生教室に移動させたところ、今日3弾はぞっくりと芽が出ていてびっくりしました。4弾も一緒に出始めていて、意欲を出してくれたことは嬉しかったけれど、「もうちょっと待っててほしい!」とつっこみたくなってしまうくらいでした。温度が違うだけで、こんなにも芽の出方が違うんだなと思って野菜の素直さに驚きました。
 
 やよいちゃんとさきちゃんと芽出しの担当をさせてもらっていて、どうしたらもっと良くなるか一緒に話し合っていく中で、気づかせてもらうことがたくさんあります。
 芽出しのやり方を確立してなのはなの野菜作りをもっと進化させていけるように、自分ももっと責任感を持って野菜の気持ちに寄り添ってみていきたいなと思います。

*のんちゃんの誕生日
 今日はのんちゃんの誕生日でした。のんちゃんは勉強組さんで、普段は6年生教室で勉強をしているけれど、当番やイベントなど、いつもみんなの中にいて、みんなのために全力で頑張っている姿が本当にかっこよくて綺麗だなと思います。のんちゃんリーダーの洗いBチームに入らせてもらっているのですが、のんちゃんが作ってくれる、スピード感があるけれど決して人を焦らせない優しい雰囲気の中での作業が本当に楽しいなと感じます。常に先読みをして、みんなが動きやすいようにと考えているのんちゃんの気持ちが伝わってきて、自分もそんな風な意識を持ちたいといつも思わせてもらっています。
 
 明日も1日できることを精一杯頑張ります。