「一つひとつ箱に収めて」 りな

4月4日

 今日は朝から小雨が降っていました。最近定植されたトウモロコシやレタスや水菜、これから新芽を出すアスパラなども、雨がエネルギーになって動き出すんじゃないかなあと思って、恵みの雨が嬉しかったです。
 外の作業は出来ないけれど、久しぶりにゆったりと午前は過ごすことが出来ました。最初、身体測定の時間がありました。身体測定で、一番気になるのは握力です。私はまだ右も左も握力が30を超えたことがなくて、とても力が弱いです。握力が、少しでも上がっていたらいいなあと思いました。
 今日、計ってみると、右手はあまり変わらなかったのですが、左手だけ30の数値が出ていて、とても嬉しかったです。気持ちも、強くなっていたらいいなあと思いました。

 えみちゃんが誘ってくれて、ななほちゃんやさくらちゃんと一緒に、芽出しの作業のヘルプに行かせてもらえて嬉しかったです。えみちゃんとさきちゃんが選果ハウスの冷蔵庫から、空芯菜とニンジンの種を取ってきてくれました。たくさんのトレーに小分けされて種が生地の中で眠っていて、これから起きだすところです。この種たちが、ちゃんと休眠打破のホルモンを出して、発芽することが出来るように、種たちをトレーに並べます。種と種がくっつくと、種同士が休眠を促すホルモンを出すので、くっつかないように、なるべく種同士が近くならないように、ピンセットで種を1粒ずつつまんで綺麗に並べました。

 空芯菜の種は、ポン菓子のような大きさと形をしていて、少しひびが入ってごつごつしている感触も、そっくりだなあと思いました。色は茶色で、他の野菜の種よりも大きいので並べるの作業はサクサクと終わらせることが出来て、楽しかったです。
 ニンジンは、空芯菜の種と全然違って、繊細な種です。丸いコーティング剤の中に包まれていて、薄くて小さいです。昨日もニンジンの種をトレーの中に並べる作業に入らせてもらって、本当に種が小さくて難儀しました。試行錯誤をして、一緒に作業をしていたるりこちゃんが、コーティング剤を除くのに、水を入れた豆腐パックがやりやすいことを発見してくれました。今日も、この方法でしました。
 コーティング剤を除いて、丸裸の種にします。
 種が水面に入ったとたん、コーティング剤がひびの入ったところからパリンと割れて飛び、綺麗に種だけがゆっくりと水に沈んでいくのが、見ていてもとても楽しいなあと思いました。トレーの中もとても綺麗な種を並べることが出来て、嬉しかったです。
 みんなで机を囲んで、一緒に作業している時間がとても楽しかったです。ななほちゃんやさきちゃんがとても面白いお話をしてくれたり、みんなで笑いあえて、嬉しかったです。

 午後は、ゆりかちゃんとななほちゃんとなつみちゃんと、雛飾りを片付ける作業に入らせてもらいました。まず、リビングや食堂など、古吉野に飾られている雛飾りを図書室に集めて、元あった段ボールにしまいました。
 一番大変だったのは、図書室に飾られていたひな壇のひな人形でした。このひな人形は、1,2か月ほど前に子供組のみんなと一緒に飾らせてもらいました。その時は、片付けることを考えずに、ただとても興奮しながら組み立てていました。とてもたくさんパーツがあって、組み立てるのも難しかったけれど、片付けも、たくさんの大小様々な箱があって、とても難しかったです。
 どの箱に、何が入るのか、どうやって入っていたか、本当に何もわからずに、一からのスタートでした。唯一ヒントになるのは、箱に書かれている品名です。でも品名も「盛上」や、漢字が綴られていて、何を表している文字なのか分からないものがたくさんありました。

 なつみちゃんがネットで調べてくれて、この文字は何を表しているものなのか、紐解いていくのが、謎解きをしているみたいでとても楽しかったです。ひな人形を飾った記憶の断片を探りながら、この箱にどうやって入っていたか、紙は包んであったのか、情報を集めました。
 お人形は、一体一体顔をティッシュで包んで、その上から紙に包みました。この箱に1年眠ることになるので、また1年後、綺麗に飾れるように、丁寧にしまいました。
 箱にぴったりと入ると、パズルが合ったようにとても嬉しい気持ちになりました。試行錯誤だったけれど、最後の最後まで、全パーツを綺麗に箱にしまうことが出来て、大きい段ボールに入れる時は、ぴったり大小の箱が組み合わさって入った時はとても達成感がありました。4人で色々知恵を出し合っていた時間がとても楽しかったです。

 お母さんが五月人形を持ってきてくださり、4人で組み立てられて嬉しかったです。ひな人形が片付けられて、少し寂しくなった場所に、また立派な五月人形を飾れることがとても嬉しいなあと思いました。鎧が本物のようにピカピカしていて細かい模様があって、本当にかっこいいなあと思いました。ななほちゃんがちょんまげのような毛のついたものを手に持っていて、ずっと頭に付けるものだと思っていたけれど、足だと気が付いたときはとてもびっくりしました。一つひとつの仕掛けがぴったりと組み合わさるのが、とても楽しかったです。

 今日は、室内でたくさん作業が進んでいていて、嬉しいなあと思いました。明日も出来ることを精一杯頑張りたいです。