「強く、優しく」 つき

4月3日

 今日のことではないのですが、木曜日は久しぶりにハウスミーティングができて、とても嬉しかったです。春になってたくさんの花がきれいに咲いているけれど、満開の桜や桃の花を見ると、きれいだと思うと同時に、切なさや寂しさの方が強く感じるのはなぜかという質問にお父さんが答えてくださいました。きれいだと思えば思うほど、それが過ぎ去ってしまう悲しさ、そのままにしておきたいという気持ちが強いから、悲しくなったり寂しくなったりする。また、その花を知れば知るほど、そういう感情になると教えていただきました。確かに、知らなかったら目にも止まらないかもしれない、きれいだともあまり思わないかもしれないと思いました。

 その答えを聞かせていただけてとても嬉しかったです。なのはなに来る前も、なのはなに来てからも、桜を見る機会はたくさんありまって、きれいだと思いましたが、今年ほど切なく、寂しい気持ちになるのは初めてです。それは、きちんときれいだという感情を正しく感じられている、そういう情緒的なものが少しでも自分についてきているということを実感して、希望が湧きました。

 また、最近、園芸作業に入る機会が増えて、花壇の花などに意識が向いて、自然と様子が気になるようになっています。花自体に親近感や興味が強くなって、花のきれいさ、魅力を近くで感じ、知ることができていると思います。だから今年は、より一層美しさも感じる分、寂しくなるのかもしれないです。日々の作業が、こんなふうに自分の気持ちの変化にも繋がるということを感じられると、すごく充実した気持ちになりました。

 自分の心はすごくもろくて弱いと、最近改めて実感します。けれど、その心にまだ見ぬ誰かのための利他心があることで、弱い心が強くなる。利他心が補強してくれて、もろい心を頑丈に固めてくれているような感覚がします。だから、どこに行っても、どんな環境でも、ブレずに自立することができるのだと思います。利他心があることで自分の心が強くいられると思っていいか、という質問に対して、はっきりと「いいです。」と答えてくださったお父さんの言葉がすごく心強く、嬉しかったです。

 利他心で喜びを感じられる人と、利己心で喜びを感じる人がいますが、やっぱり私は自分のことでは、心からの喜びを感じられないと思いました。むしろそれが自然だと思います。頭で理解をしていたつもりだったけれど、最近はそのことが自分の感覚的なところでスッと入ってくるように感じています。上手く言葉にできないけれど、心にしっくりと、ストンと、はまっている感じです。

 あとは、実践してくことです。まだ、利己的な気持ちが出てくることがあります。けれど、そういう時は自分が苦しい時です。だから、すぐに分かります。そういう時、すぐに利他心に変換して、いつも利他心で満ちている人になりたいです。そうして、弱い自分でも、強く、優しくいたいです。

 今日は、夕方からお花見でした。満開のなのはなに囲まれ、段々と暗くなるにつれてライトアップされた桃の花が浮き上がってくるようで、本当に美しかったです。
 昨日、台所に入らせていただいた時、河上さんやひろちゃんが、今日のお花見弁当の準備をしてくださっていて、今日はお仕事組さんがお弁当詰めや巻きずしを1日作ってくれていいました。巻きずしは、お花の形になっていて、桜でんぶと卵の黄身を使って色付けされて、桃の花と菜の花になっていました。本物の桃の花も飾ってくれてあって、本当にかわいいお弁当に、一緒にいたりんねちゃんと感動してしまいました。
 いつもたくさんのサプライズを用意して、私たちを喜ばせてくださるお仕事組さんのアイデアや行動力が本当にすごいな、と思います。すごくありがたいし、感謝したいです。

 アンサンブルや、バンドメンバーの演奏を聞きながらのお弁当は、すごく贅沢な時間でした。アンサンブルでは、タイタニックのメインテーマの曲が素敵でした。2本の満開の桃の木の真ん中で、さとみちゃんやしほちゃんがサックスを演奏している姿がすごくドラマチックでした。さとみちゃんのソプラノサックス、しほちゃんのテナーサックスの音が古畑に響き渡って、優雅なひと時でした。

 しほちゃんがジャック、さとみちゃんやみくちゃんがローズ、を思わせる衣装も素敵でした。衣装考案では結構悩みましたが、本当に映画に出てくるジャックとローズみたいになっていて、うっとりしてしまうほど格好よかったです。
 バンドメンバーのみんなの演奏を前からじっくり聞かせてもらうのは久しぶりでした。『ワイルドスタリオンズ』は、ウィンターコンサートで演奏した曲で、その当時はあまり印象に残っていなかった曲だったのですが、最近すごく好きで、はまっています。マイナー調な曲の中に感じる臨場感、何かが迫ってくるような感覚、深みのようなものが心に突き刺さってきて、自分の気持ちも強くなっていくような、決意やけじめがついていくような感覚になります。凛としたさとみちゃんと、情熱的で格好良いあゆちゃんが並んで演奏している姿からも、そんな気持ちが湧き上がってきて、2人が演奏している姿も大好きだな、と今日思いました。

 『キュア』と、『センド・マイ・ラブ』を久しぶりに聞けたのも嬉しかったです。今日は、みくちゃんのキーボードが全部ピアノの音だったり、コーラスのゆいちゃんがいなかったりと、いつもの演奏とは少し違いましたが、何となくアットホームな感じが良かったです。あゆちゃんが丁寧に歌っているところもよく聞こえて、今更ながら、こんなふうに歌っているんだ…と思いながら聞いていました。あゆちゃんは、やっぱりすごいです。バンドメンバーのみんなの演奏とあゆちゃんの歌で、温かく、幸せな気持ちでいっぱいでした。

 あんなちゃんが考えてくれた桃クイズも楽しかったです。私がいたチームは、あまり正解することはできなかったのですが、りゅうさんがいてくださったので、盛り上がっていました。桃クイズから、あんなちゃんが緻密な計画を立てて桃を育てていることや、強い思いをもってやっていることが分かって、本当にすごいな、と思いました。桃の花に囲まれたあんなちゃんの姿は、やっぱり美しかったです。色々なことを知ることができて嬉しかったです。

 最後には、お父さんとお母さんの歌も聞かせていただきました。『東へ西へ』という曲はあまり聞いたことがなかったので、今日聞けて嬉しかったです。お母さんがお父さんの足に手を置いてリズムをとりながら一緒に歌っている姿は、やっぱり安心します。お母さんが、ギターを弾いているお父さんをちらちらを見ている目が、少女のようで、温かい気持ちになりました。お母さんがお父さんを好きだという気持ち、お父さんもお母さんが横にいて安心している様子、そんなお父さん、お母さんの子どもだから、私も安心していられると思いました。お父さんお母さん、あゆちゃんをはじめ、正しい道へと導いてくれる仲間がたくさんいることがありがたくて、幸せです。

 今日もありがとうございました。おやすみなさい。