「竹取り第1弾」 えみ

3月23日

 今朝は霧が濃くて、外に出ると久しぶりに手先が凍るような冷たさがあったけれど、日中はよく晴れて過ごしやすくて、気持ちが良かったです。
 朝食前の時間には、ゆりちゃんやせいこちゃんと一緒に、保育園前畑の小松菜やホウレンソウに水やりをしました。関係者駐車場にゆりちゃんと一緒にジョーロを取りに行くと、桜の花が咲き始めているのが見られて嬉しかったです。保育園東のさくらんぼの木は満開だったり、職員室前の枝垂れ桜も咲き始めていたりと、暖かくなるにつれてピンク色がどんどん増えていくと心が癒されます。

 小松菜1弾はすでに本葉が顔を出し始めていて、2弾の方も芽が出てきているのが見られました。ホウレンソウの方も順調に芽が出始めていて、今日は日中暑くなる前にたっぷりと水をやることができて良かったです。

 
*竹取第1弾
 午前にはやよいちゃん中心に、大人数で今年初の竹取に行かせてもらいました。今日は2年前にも一度とらせてもらったことがあるという、河原のこぢんまりとした竹藪でとらせてもらいました。1年前、なのはなに来てすぐの頃にも竹取をさせてもらって、今年もまた行けるのをずっと楽しみにしていたので、竹取に行くとなってからわくわくが止まりませんでした。
 
 私はしなこちゃんとペアで、交代で竹を切らせてもらいました。ノコギリで竹を切るのは初めてで、最初は結構難しいなと思ったのですが、しなこちゃんの補助が上手くて、やりやすかったです。根元を切ると、サーッと音を立てながら竹が倒れて、隙間に光が差してくるのが綺麗だったなと思いました。
 
  休憩時間には、やよいちゃんが竹の豆知識クイズを出してくれました。竹は、百何十年かの周期で、一斉に花が咲くといったことや、花が咲くとその竹林ごと枯れてしまうということなど、今まで知らなかったことをたくさん知ることができて面白かったです。竹については、まだまだ分かっていない、未知のことがたくさんあるのだということも教えてもらって、それにはびっくりしました。

 昼食前に古吉野に戻ると、永禮さんのユニック車があり、土井さんがくださったという立派な竹をおよそ300本もグラウンドに運んできてくださっていて、本当にありがたいなと思いました。夏野菜に向けて今年取る予定だった竹は670本ということだったのですが、おかげで今日明日の2日で終わりそうだというのもやよいちゃんから聞いて、良かったなと思いました。
 
 午後からは吉畑近くの竹の枝落としもさせてもらって、夕方までには全部終わってすっきりして達成感があって嬉しかったです。
 明日も精一杯頑張ります。読んでくださり、ありがとうございました。