「外向きの人になって」 えみ

3月17日

 今日は、朝から霧が濃かったので、よく晴れそうだなという天気でした。日中は、動いていても汗をかくぐらいだったけれど、すっきりとした晴れ間の中みんなとソフトボールの練習や畑作業を進められた時間が嬉しかったです。

*ソフトボールの練習
 今日も午前中の初めに、ソフトボールの練習の時間がありました。今日からキャッチボールに加えてバッティングの練習も始まり、時間もたっぷり1時間あって、みんなとたっぷり練習できた時間が楽しかったです。

 バッティング練習は初めてだったのですが、まえちゃんが基本のフォームから丁寧に教えてくれました。まず、足は肩幅に開き、足先は真っすぐに向けること。それから、バットを、右手を上にして両手をくっつけるようにして握り、脇をしめるようにして構えます。
 
 ボールを打つ時には、腕の力を使うというよりも、腰の回転を使うといいということを教えてもらって、最初は難しいなと思ったけれど、少しコツをつかむとそちらの方が力が入りやすいような感じがしました。見本で見せてくれたまえちゃんやなおとさんの動きを見ると、無駄がなくて全部当たったボールに力が加わっているように見えて、自分もそんな風な綺麗な打ち方ができるようになりたいなと思いました。
 
 昨日はソフトボールのルールの確認もみんなとさせてもらって、これから実際にゲームで遊べるのが楽しみです。

 午前の作業では昨日雨でできなかったブドウの追肥をなおとさんやえりさちゃんと進めたり、午後にはホウレンソウの種まきをさせてもらったりました。春ホウレンソウは今年2万株以上も植わる予定で、去年の倍以上です。美味しくて綺麗なホウレンソウがたくさんとれるように、これから担当させてもらうりなちゃんとさやねちゃんと一緒に責任を持って見ていきたいです。
 
 私は小さい頃からずっと人の評価を気にするような生き方をしてしまっていて、それが癖のようにずっとあり、今も何をするときにも失敗をして人に怒られることや自分の評価が下がることが怖かったです。昨日の夜の集合でお父さんが質問に答えてくださって、それは内にこもってしまっているからだと教えてもらいました。大きな声で、もっと人と話して、外向きになれば、自分ゼロで外に百の気持ちを向けていれば、人の評価なんて気にならないのだとお父さんは言っていました。まさに、今の自分に必要なのはそれだと思いました。今日のお昼の集合で、話さなくても外向きになれる練習方法を教えてもらいました。まず、隣の人とペアになって、下を向いて、内向きな人になって顔を上げました。次に、もう一度下を向いて、今度は外向きの人の表情をしました。互いに目が合うと、思わず笑ってしまったけれど、外向きの表情をしている方が相手の人の顔もキラキラとして見えました。話やすそうな人に見えました。人からの評価ばかり気にするのではなく、常に外向きの気持ちを持って、まずは表情から変えていこうと思いました。

 読んでくださりありがとうございました。