「ずっと一緒にいた」 よしみ

3月9日

○ゆりちゃん
 今日から卒業生のゆりちゃんが帰って来てくださり、ゆりちゃんと一緒に過ごせることがすごく嬉しいです。ゆりちゃんとお会いするのは初めてなのですが、初めて会った気がしなくて何だかずっと一緒にいた感じがして、それくらいゆりちゃんはすっとみんなの中に溶け込んでいて素敵だなと思いました。

 しばらくなのはなに居てくださると聞いたので、また一緒に作業したりお話しできるのが楽しみです。ゆりちゃんは種まきのプロフェッショナルだとあゆちゃんから聞いて、また種まきのコツをゆりちゃんに教えていただけたらいいなと思います。

 

○桃の摘蕾 
 今日も午前・午後と1日、あんなちゃんたちと一緒に桃の摘蕾を進めました。今日は石生桃畑と新桃畑の摘蕾をしていたのですが、今日は風がほとんどなくて摘蕾をしていてもすごく気持ちが良かったです。

 私は今日初めて12段の脚立を使って摘蕾しました。高い所に登るのはやっぱり怖くて毎回ドキドキするけれど、高い所から見た石生の景色が本当に美しくて幸せな時間でした。8段の脚立で7段目に登って作業するよりも、12段の脚立で7段目まで登って作業する方が体勢も安定していて作業しやすかったなと思います。ただ、12段の脚立は移動させるのが本当に難しくて、その脚立をいつも軽々と移動させているあんなちゃんが本当にすごいなと改めて思いました。

 あんなちゃんが、「使いたい人は作業用手袋を使ってください」と言ってくださったのですが、私の場合は素手で摘蕾をする方が蕾を落とすときに蕾の感覚が分かりやすいので慣れるまでは素手でやりたいと思います。

 あと2つの畑で摘蕾の2巡目も終わるので、開花する前までに頑張って摘蕾を終わらせたいです。

 今日も1日ありがとうございました。今日はハウスミーティングで、お父さんのお話をたくさん聞かせていただけて嬉しかったです。長年の悩みだった手汗のことも、お父さんに聞いてやっとスッキリできました。文章を書くときも、自分以外の目線で書いてみたいと思います。

 読んでくださってありがとうございました。