「当たり前で大切なこと」 りんね

3月5日 
  

*選別  

 今日は午前午後と、小豆の選別を進めました。午後の最後、「みんなに聞いてみよう」というお題を回しました。
 印象的だったのが、まよちゃんへの質問で、「どうしていつも楽しそうなんですか」という質問でした。それにまよちゃんは、「いつも笑顔でいることを意識しています」と答えていました。当たり前のようでしたが、それは本当に大切なことだと思いました。私もいつも笑顔でいたいと思いました。
 「なんでもそつなくこなすコツはなんですか」という質問に対するのりよちゃんの答えも、とても素敵でした。
 「ソフトバレーだったらしほちゃん、選別だったらちさとちゃん、というその道のベテランの人をよく見て、そういう動き方なんだなということを分かって行う」ということでした。私も、どんな作業でもまずは周りを見て、一番上手な人の動きを頭に入れてから、行うことを心がけたいと思いました。 
 私はとても気になっていたことで、しほちゃんに「どうしてしほちゃんはそんなに、赤ちゃん慣れしているんですか」ということを聞きました。
 しほちゃんは、意外なことに「赤ちゃん慣れしているんじゃなくて、私にとってたけちゃんは初めての(身近にいる)赤ちゃんです。でも、ずっと前から赤ちゃんがほしかった」と言っていました。そして、「そうだよな~って、たけちゃんの気持ちがすごくよくわかる。それと、私がたけちゃんのことを大好きだから、たけちゃんも慣れてくれていると思います」と答えてくれました。 たけちゃんと同じ土俵になって、心を通わせているしほちゃんが、とても素敵だと思いました。 ほかにも、なのはなの子の質問をたくさん聞くことができて、とても嬉しかったです。

  *ソフトバレー 

 今夜はソフトバレーがありました。新しい、しほちゃん、ななほちゃん、りなちゃんと一緒のチームで試合ができて、嬉しかったです。

  始まる前に、しほちゃんがプロのソフトバレー選手の動画を見せてくれました。選手が、ボールに食らいついていました。けれど、軽くぽんと触れるだけで、高くアタッカーへボールを繋げていました。
 動画を見ると、とても気持ちが高まりました。そのあとに試合をすると、今までにないくらい、ボールがよく見えました。ボールをふわりと高くあげられるようになりました。
 私はしほちゃんとペアで、何度もトスからアタックへつなげることができて、とても嬉しかったです。
 また、前の人がボールを取るとき、外側へ回り込むとカバーができることも教えてもらいました。そのように動くと、確かにカバーすることができました。
 最後の試合では勝つことができました。これから、もっといい場所に素早く動くことができるようになりたいと思いました。 やよいブラックのように、いいチームになりたいです。