3月5日(金)「2021年の味噌づくり 第3弾の仕込み完了!&レタスの種まき」

3月5日のなのはな

 味噌作り第3弾も、今日で最終日を迎え、午前の時間にみんなで味噌玉作りをしました。第3弾で完成した糀の「塩糀 花道君」と「黒大豆 味噌乃ちゃん」は、黒大豆のお味噌と塩糀に変身していきます。

 黒大豆のお味噌になる糀は味噌乃ちゃんです。朝食前の時間から、ゆりかちゃんたちが黒大豆を煮てくださっていて、私はさきちゃんと一緒にゆであがった黒大豆の計量と、ミートチョッパーをする機械を使って黒大豆をミンチ状にしていきました。
 
 ゆであがったばかりの黒大豆は本当に良い香りがしてとても幸せな気持ちになりました。大豆がミンチ状になっていく光景を見るのは今回で3度目になりますが、何回見てもニョキニョキっと大豆が出てくるのが面白かったです。

 

1614951365

 
 
 味噌作りの1・2弾では白大豆だったのですが、3弾では黒大豆でお味噌を作るので、味噌玉を作ったときも白大豆のときと全然色が違っていました。
 黒大豆の味噌玉は全体がグレー色で、所々に黒大豆の皮の黒色と糀の白色が混ざり、まるで大理石のような綺麗な味噌玉です。
 また、白大豆の味噌玉よりも手触りがしっとりとしていて、丸く握っていても違いがよく分かりました。

 

IMG_4111

IMG_4672

  
 みんなで味噌玉作りをしているときは糀時代のメンバーのみんなで、今なのはなで大流行中の「野菜時代」の曲、『私を誘引しないで』の歌詞を変えた『私を撹拌して』という曲をみんなに披露させていただきました。サビの部分では聴いてくれているみんなが合いの手を入れてくれたり、みんなも一緒に歌ってくれていて、みんなが楽しんでくれていて私もとても嬉しかったです。

 

IMG_2368

IMG_2370
〈作った味噌玉は、空気が入らないよう、樽にしっかりと詰め、塩をふり、密閉します〉

   

 無事に黒大豆の味噌の仕込みが完了したあとは、糀時代のみんなで塩糀作りを行いました。塩糀は、糀、塩、水のみで作られていて、なのはなではよく普段の料理に使われている大切な調味料の1つです。
 
 糀と塩を手でよく混ぜ合わせ、それをタッパーに入れたあと、ひたひたにつかるくらいの水を入れてよくかき混ぜる、というとてもシンプルな作り方なのですが、そこに雑菌が入ってしまうとすぐに品質が落ちてしまうため、しっかりとタッパーなどを熱湯消毒して、良い状態で塩糀を保存できるように気をつけました。

 

IMG_2374
〈家庭科室のとなりに建てた味噌蔵には、歴代の味噌樽や、ぬか床などが並んでいます〉

 
 
 塩糀はこれから約2週間、毎日1回かき混ぜていきます。そうするとだんだん香りが変わってきて、昨年の塩糀作りのときは完成する頃にはバナナの香りになっていたそうです。2週間後にどんなふうに塩糀が変化しているかとても楽しみだなと思います。

 今日で2021年の味噌作りが全て完了し、最後は糀箱や味噌作りで使った道具などを綺麗に洗って、来年も良い状態で使えるように片づけました。
 今年作ったお味噌をいただけるのは3年後で、どんなお味噌に出来上がるかワクワクします。みんなで味噌玉作りをしたり、糀時代のみんなで糀の手入れをできたことがとても楽しかったです。
 
(よしみ)

 

IMG_2372

 

 

***

  

 レタスの種まきをしました!
 3月1日に芽出しを行ったレタス第1弾の種が、今日の時点で8割程度発芽しました。

 レタスの芽出しを行うのは、今回が初めてだったので、予想よりも早く出揃ってきていて嬉しかったです。

 

P3050013
〈発根したレタスの種です〉

 

 今日は、約1300粒蒔きました。
 育苗チームにとっても、初めての芽出した野菜の種まきだったこともあり、みんなでドキドキしていました。

 まず、初めに、種まき培土ともみ殻燻炭を、5:1の割合で混ぜ、水をたっぷり含ませます。
 混ぜる割合や、水の塩梅もちょうどいい感じにできて、これなら種もフカフカで気持ちよさそうだと思いました。

 それを128穴のプラグトレイに詰めていきました。
 苗の生育がしっかり揃うよう、全ての穴に均一に土を入れることを心がけました。
 種まきをした後は、種を動かしたくないので、水やりはしません。
 そのため、種を撒く前にもう一度、培土にたっぷり水をかけました。

 

P3050023

 

 レタスの種は、1ミリほどのとても小さくて、細長い形をした種です。
 糸のような白い根がひょろっと出ているのが、とても可愛らしかったです。
 ピンセットを使って、1粒ずつ心を込めて蒔きました。
 
 もうすでに、根が出ているので、発芽率は100%です。
 芽出しをすると、種を無駄にしなくてすむのが、本当にいいなと思いました。

 

P3050033

 

 よく目を凝らさないと、見失ってしまうほど種が小さく、色も培土の色と似ているので、ぐっと集中しました。
 ピンセットでつまむとき、うっかり根を切ってしまわないように、緊張しました。
 みんなの呼吸の音が聞こえそうなほど、研ぎ澄まされた空気でした。
 それでも、やればやるほど楽しくて、夢中になれました。
 夕方、日が沈み始める前に、全て撒き終えることができて、とても達成感がありました。

 

P3050028

 

 ハウスの中の苗床にしまい、さらにビニールでしっかり保温しました。
 丈夫で強い苗に育ってくれたら、嬉しいです。
 今回で、大分コツを掴んだので、これから種まきのプロフェッショナルになっていきたいです!

(れいこ)