「思いやりと愛情」 みつき

3月3日

 ここ最近、味噌作りや新しい役割、畑のことなど、バタバタしていて日記を書けていませんでした。
 でも忙しいのはみんな同じだし、お父さんのおっしゃる通り「忙しい時こそ日記を書く」ということを心がけたいと思います。

 少し前の話になるのですが、畑のチームが変わって、わたしはれいこちゃんがリーダーのCチームになりました。

 担当する野菜は芽キャベツ、ミニトマト、エゴマです。
 特にミニトマトは、なのはなに来る前にもミニトマトの収穫をさせてもらったことがあって、わたしの好きな野菜のひとつだったので、とてもうれしかったです。

 そして、Cチームの野菜の収量記録をさせてもらえることになりました。最後まで責任をもって、やり遂げたいと思います。

 野菜について調べていた時のことです。お父さんが提案してくださった新しい方法でトマトを栽培できないかどうか調べていました。本を読んでみても、「なぜこの方法だとよく育つのか?」については詳しく書かれていなくて、どこかモヤモヤしたままでした。

 でも、次の日にインターネットで手当たり次第に調べてみると、ちゃんと答えが出てきました。調べて、読んで、「その方法はちゃんと根拠があるんだ!」とわかって、楽しかったです。
 何かを徹底的に追求するのって、こんなにワクワクすることなんだなと思いました。

 同じ野菜担当のどれみちゃんが、わたしの足らない説明にも頷いてくれて、一緒に調べてくれました。リーダーのれいこちゃんも、「それ、すごい! いいね!」と笑って、とても喜んでくれました。
 Cチームのみんなで春夏野菜を育てるのが、本当に楽しみです。

 味噌作りの時にも感じたのですが、みんなは周りの人だけでなく、自分の向き合う物すべてに思いやりや愛情を持っていると思います。

 糀や野菜を見つめるみんなは、とても綺麗です。
 わたしには、まだ思いやりの心が足りていないです。それは自分への思いやりも足りていないからだと思います。
 もっと、自分自身や周りの人を大切にできるようになりたいです。
 普段の生活でやるべきことをしっかりやって、前向きな気持ち「ツイてる!」でいたいです。