「建築部始動」 まち

3月1日

 今日から建築部始動です。記念すべき初めての仕事は頂いたハウスの移動。今日はハウスの骨組みの解体から始めました。

 午前中は須原さんとひろこちゃんとかにちゃんで進めました。骨組みのパイプの接続部分をトンカチで叩いて外していって、最終的にパイプを取り外し解体します。なのはなで建築に関わる作業に入らせてもらうことが多いけれど、案外、建物ってシンプルな造りになっているんだな、と思います。それが分かることもとても面白いです。

 難しいとか怖いこととか、実はなくて、物事はすべて案外シンプルなのだと思います。それは人生とか生き方も一緒な気がする。幸せの形とか、生き方とか、選択肢がたくさんあるように見えて複雑に感じても、本質はいつもひとつでシンプルだと思いました。私たちが今まで苦しく生きてきたから、すべてを難しく捉えてしまっていることもある。失敗が怖いから難しくて構えすぎているところがある。それは自分にものすごく当てはまる気がしました。

 それに気が付いたら、ものすごく生きる事が楽しくなります。利他心で、みんなと助け合ってみんなと溶け込んで生きることだけが人間としての幸せです。利他心で、人のために生きる生き方しか本来の生き方はないです。それ以上でもそれ以下でもないです。至ってシンプルです。お父さんとお母さんが教えてくれること。とてもシンプルです。素直に生きること。素直に言うことを聞いて、自己否定もせず、前向きに生きていくこと。それだけだと思いました。

 非常に脱線しましたが、今日、ひとまず解体まで一日で終わらせることができて嬉しかったです。須原さんが段取りを教えてくださって、それに沿って私たちは作業をしていたけれど、もちろん、須原さんの言うとおりに動くことは大前提だけど、ただロボットのように動くのではなくて、次はどうするのか、どうしてこうなるのか、どこが目的地なのかをいつも考えて、仕事をしていきたいと思いました。仕事はいつだって面白いと思いました。

 来月から自動車免許の教習所に通わせてもらうことになりました。今まで、私は免許なんて、車を運転しても楽しくないし、なんで取るのかも分からない。取ろうとも思わなかったです。でも、今は運転できることがすごくわくわくします。人のために免許を取ります。大事な人を迎えに行くため、自分の行動範囲を広げて多くの人の助けになるため、誰かの力になるため。そのために免許を取るのだと思うと、本当にわくわくして早く運転したいです。本当に、私は自立への道を歩み始めているんだな、私の人生を歩もうとしているんだな、とそう思えます。手続きが済んだら、張り切って真面目に教習所に通わせて頂こうと思います。ありがとうございます。

 人生はとてもシンプルだ。楽しくって明るくって、いつも優しいそよ風が心の中で吹いているような暖かさがいつもある。人と笑い合えること、力を合わせて作業を段取りよく進めることができること、一緒に良い方向に成長していけること。それだけが人間としての究極の幸せだ。それを噛みしめながら、生きていきます。毎日、感謝して、無事に毎日楽しく生かさせてもらえていることに感謝して生きていきたいです。お父さんお母さん、いつもありがとうございます。大好きです。おやすみなさい。