【2月号⑮】「勝央金時太鼓の練習へ ―― 本当に好きになれそうな予感――」サリー

 太鼓は祭りとかで何度か見たくらいで、自分からやりたいとは一度も思った事ありませんでした。自分が太鼓を叩いている事なんて想像もしたことありませんでした。ですが今年から金時太鼓に通わせてもらう事になりました。

 スタッフのかにちゃんに金時太鼓に通うことになったと教えてもらった時、明らかに自分の中に何か特別な感情が生まれました。そして教えてもらってから、先週初めての金時太鼓のレッスンに参加した日までの約一週間、その感情が徐々に膨らんでいきました。

 太鼓を叩くのがものすごく楽しみになっていきした。自分でも驚くくらい、その楽しみの気持ちが強かったのです。太鼓を叩いている自分の姿を思い浮かべたらなんだか胸が躍り出しそうでした。

 金時太鼓は以前、イベントのときに太鼓に通っているみんなが叩いているのをちらっと見ただけです。その時のみんなの姿が本当に力強くてかっこよかったです。それでも自分がその一人になるなんて思いもしませんでした。なので行ける事になった時はびっくりしました。自分はこんなにも太鼓を叩きたかったんだと初めて思いました。

 水曜日になり、初めて太鼓に行く日の午後はかにちゃんと二人で少し練習をしました。今三曲叩いているのですが全くの初心者である私に構えなど、基礎を少し教えてもらってから「風の舞」という曲の練習をしました。

■初めての太鼓

 かにちゃんが見本を見せてからそれを真似したり、ゆっくりと一つひとつのパートを繰り返してから繋げたりして練習しました。見本を見せてくれたときのかにちゃんの、練習台を使って叩いている姿がもうかっこよくて自分にもできるか、正直不安になりました。

 その午後は「風の舞」を一通り練習し、思ったことはやはり太鼓はむずかしい。リズム感や腕を上げる時と下げたままにする時、太鼓を叩くときに腕を振り下ろすスピード感など、コツをつかむまで時間と練習が必要です。でもやっぱり楽しかったです。

 実際は太鼓ではなくかにちゃんが作った紙をたくさん重ねた様な練習台を桴で叩いたのですが、それだけでも楽しかったです。

 大きく脚を広げ膝を曲げ左足を少し前に、桴を天井に向かって真っ直ぐと腕を上げて持ち、練習台を叩く時は腕の力を抜いて腕が練習台に向かって、だらりと、野球ボールを投げるときの様に肘を先に落としてから桴を落とす、桴が練習台に触れた瞬間腕に力を入れると体育館重に大きな音が響きました。最初はこの基礎である太鼓を叩くときの構えや腕の下ろし方をするのがむずかしかったです。かにちゃんが丁寧に、午後いっぱいを使って教えてくれました。

 そして夜になりいよいよ金時太鼓の練習に行くときが来ました。お父さんにがんばれと言われ、みんなと車に乗りホールへ向かいました。

■好きになれそうな予感

 勝央文化ホールの中に入ると緊張しはじめました。まずはウォーミングアップでホールのステージを五周しました。片方の脚を大きく前に出し、九十度に曲げ桴を持った両腕を天井に向けて上げるという歩きステップを何度も繰り返しました。このウォーミングアップがものすごくきつかったです。でもこれをやると脚と腕が鍛えられそうです。太鼓をたたく時は腕の筋肉と脚の筋肉は必要なのでこのエクササイズは効果的なのだろうなと思いました。次の朝は太ももと腕がガチガチの筋肉痛になりました。ですがウォーミングアップが終わると、身体中がポカポカとし、緊張も少しほぐれた様でよかったです。

 初めて参加させてもらったレッスンだった事もあって、自分はもう全然ついていけませんでした。ダメダメでした。でもみんなの太鼓を叩いている姿をまじかで見れただけでもうすごくうれしかったです。本当にかっこよくて力強くて、普段見れないみんなのかっこいい一面が見れて心からうれしかったです。あの空気感にいれただけでうれしかったです。

 緊張した空気感というか、みんながリズムを合わせて、視線を揃えて、佇まいを揃えて力強く太鼓を思いっきり叩く姿がすごく魅力的でした。太鼓の大きく、ホール中に響き渡る神秘的で、心を躍らせる様なワクワクする音の重なりを聞いていると思わず笑顔がこぼれました。自分はまだまだ練習が必要ですが、いつか、そのすばらしくかっこよくて神秘的な空気感の一部になれるんだって思うと嬉しくて嬉しくて仕方がないです。

 週に一度、太鼓を思いっきり叩いて気持ちを発散できるのもありがたくて嬉しいです。私はまだ晴れない気持ちやもやもやとした感情が溜まってしまいがちです。それを察したのかお父さんとお母さんは私を金時太鼓に行かせてくれることにしてくれました。本当にありがたいです。新しいことを始めた時に、こんなにも楽しみになったことはなかったです。

 まだ分かりませんが、なんだか、金時太鼓の事が本当に好きなれそうな予感がジワジワ湧いてきています。これからがものすごく楽しみです。毎週水曜日にみんなと太鼓へ行く時間が日々の楽しみになって来るに違いないです。

 まだまだ練習が必要ですがこれから、金時太鼓はどの様に私を成長させてくれるのかを楽しみです。