「味噌玉作り」 よしみ

2月20日

○味噌玉作り
 今日の午前の時間にみんなで味噌玉作りをしました。私は初めての味噌玉作りで、今日の日をとても楽しみにしていたのでみんなと一緒にできてとても嬉しかったです。味噌玉作りは味噌作りメンバーのみんなが作った糀に塩を混ぜ、そこに茹でた大豆をミンチ状にしたものを更に混ぜてから丸い形にぎゅっぎゅっと押し固めて空気を抜いていく作業です。味噌作り第1弾のメンバーのみんなが作った糀はとても良い香りがしていて、一粒一粒が本当に可愛く見えました。また、糀と塩を混ぜたら、塩の結晶が糀の周りを綺麗にコーティングしていき、糀がお化粧をしたようにキラキラとしていて美しかったです。

 茹でた大豆は機械に入れるとあっという間にミンチ状になっていきました。大豆を冷ますためにうちわで仰ぎながら、手でダマにならないようにかき混ぜていく度に、ふわっと大豆の甘い香りがただよってきて、部屋中が糀と大豆の良い香りでいっぱいで、すごく幸せな気持ちになりました。

 大豆が冷めたら、いよいよ糀と合わせてかき混ぜていくのですが、合わせるときにみんなで「結婚だー!!」と言いながら混ぜ合わせていくのがとても面白かったです。そして、みんなに教えてもらいながら私も一緒に、糀と大豆を混ぜ合わせたものをギュッと握って丸いお団子のようにしていきました。丸く握っていくのは空気を抜くためなので、思い切り力をこめながら握っていきます。それを繰り返していくとだんだん糀や大豆のつぶつぶとした形がなくなり、表面がつるつるとした感じになっていき、とても綺麗な丸い味噌玉になりました。特に、さくらちゃんが握った味噌玉は本当に綺麗で美しく仕上がっていて、気持ちが込められていることが伝わってきてすごいなと思いました。

 できあがった味噌玉は樽に詰めていくのですが、このときも思い切り腰を使ってグッグッと押しつけていくのが、すごく楽しくて面白かったです。みんなで丸めた味噌玉を全て樽に詰め終えて、最後に密封した状態で蓋をして味噌樽が完成しました。今日作った味噌は3年後に食べられるようになるそうで、どんな味にできあがるのかとても楽しみです。最近食事のコメントでも味噌作りの話を聞いていて、私は第3弾の味噌作りメンバーに入らせていただいているので、自分も良い糀ができるように頑張りたいなと思います。

 
 今日も1日ありがとうございました。今日は午後の時間には池上桃畑の桃の摘蕾を進めました。風もなく、暖かい中でみんなと一緒に摘蕾を進められて、とても嬉しかったです。また、夜には土曜日のソフトバレーがあり、今日は人数が少なくて2チームしかできなかったのですが、りゅうさんも来てくださって、1時間たっぷりと試合できてすごく楽しかったです。のりよちゃんが考えてくださって、「作業で好きなのは土寄せ派かバケツリレー派か」とか、「やりたいならボーカルかドラムか」「なのはなの曲で好きなのはディス・イズ・ミーかシェイプ・オブ・ユーか」などと毎回いろいろなチームに分かれて試合して、本当に面白くて終始笑いっぱなしでした。ミーティングが終わってからソフトバレーをしていても体が動きやすくなって、失敗しても前向きでいられるようになったように感じます。心の底から思い切り楽しんでいる自分がいて、毎週のソフトバレーがとても楽しいです。

 明日も1日、笑顔で前向きに、自分にできることを頑張ります。読んでくださってありがとうございました。