「手分けしてやることで」 つき

2月17日

 昨日は、お楽しみ会で使った衣装の片づけをしました。いつもは、まちちゃんと2人でやることが多いのですが、昨日はあやかちゃんとまりなちゃんも一緒に片付けに入ってくれていたおかげで、すごくスムーズに進んですごく嬉しかったです。早く終わったので、プラスアルファでPC室の整理整頓や、少しだけ衣装の修繕もやることができました。

 あやかちゃんとまりなちゃんには、2、3年生教室に下ろす衣装をクリアケースに入れていってもらい、まちちゃんと私でPC室や中二階のものを片付けていきました。あやかちゃんとまりなちゃんが素早く丁寧にやってくれて、気付くとあっという間に2,3年生教室のものはクリアケースに納まっていて、びっくりしました。2人だと全部自分たちでやっていたことが、手分けしてやることでこんなにも早く終わるんだなぁと思って、やっぱりみんなの力はすごいなと実感しました。「次できることありますか?」と次から次に言ってくれて、PC室の衣装もあるべきところに片付けることができ、すごくありがたくて、あやかちゃんやまりなちゃんと一緒にできてとても嬉しかったです。

 午後は、畑のチーム作業で、ずっとあけみちゃんと2人で作業させてもらいました。
 最初に崖崩れハウス3棟の、セロリ、春菊、アスパラ菜のトレハロース入りの水遣りをしました。春菊は、カビが結構きていましたが、土と触れ合う下の方を透いて少しスッキリしたと聞いていたので、とてもきれいに見えました。春菊も気持ちがよさそうで、よかったなと思います。
 
 その後は、豆殻堆肥の山づくりをしました。豆殻の中に、鶏糞と米ぬかをミルフィーユ状に3層くらいに入れて、1回ごとにまんべんなくかき混ぜ、水を入れていきました。鶏糞と米ぬかを混ぜる時は、料理をしているみたいで、大きなフライパンの中をかき混ぜているような感覚が面白かったです。 
 
 2人でしたが、キレイなプリン型の豆殻堆肥の山ができました。昨日は、あけみちゃんも私もなんだか疲れ気味だったのですが、夢中になってやっていると、力が湧いてきました。それでも力を合わせて2人で豆殻堆肥の山を完成させることができて、とても達成感がありました。やれてよかったな、と思えました。
 その後、夕方の配膳でもあけみちゃんと一緒で、午後中あけみちゃんと一緒に作業ができたことがすごく嬉しかったです。あけみちゃんからたくさんパワーをもらったなと思います。やっぱり仲間がいることが、本当に幸せだなと、昨日も実感できた日でした。

 今日は、午前中、台所に入らせていただきました。河上さんから、食材をカットするときのポイントや、春菊の絞り方などを教えていただきながら、楽しく作業させてもらえて、嬉しかったです。 
 春菊は、軸の部分を揃えて手に持ち、その状態で絞ると、その後切る時に楽なので時間がかかるようで実は早い、ということを教えていただきました。実際やってみると、すごく効率がいいなと思いました。そういった細かいところもしかりとポイントを押さえて作業をされている河上さんがすごいな、と思います。河上さんからたくさんのことを教えていただけることがすごく嬉しいです。自分でもしっかりと考えて行動していけるようになりたいなと思います。

 河上さんが楽しそうにお話をしてくださるのもとても嬉しいです。すごく温かくて、落ち着くなと思います。
 今日はまりこちゃんとも一緒に台所作業をして、まりこちゃんが見せてくれる穏やかな笑顔にも心が温かくなって、すごく嬉しい気持ちになりました。
 また台所に入らせてもらえるのが楽しみだなと思います。

 午後は、収穫嫁入りをしました。私は6人で水菜と小松菜の収穫をしました。水菜の収穫に時間がかかってしまって、迷惑をかけてしまい、申し訳なかったなと思います。しょうやくや嫁入りは、皆で素早く終えることができ、ありがたかったです。
 せめて、収獲ができているものから先に古吉野に届けたらよかったな、と思います。全体を見て的確な判断をし、常に時間を意識してスピード感を忘れずに作業をしていきたいと思います。 
 反省は今日でおしまいにして、次につなげられるように気持ちを切り替えて明日に向かいます。