【2月号⑥】「とんど焼き」えみ

 ついこの間新しい年を迎えたかと思えば、もう一月も半ば。一月十五日は、小正月と言うそうで、なのはなでもお正月気分にけじめをつけるための「とんど焼き」という行事をしました。

 お正月にみんなで書いた書初めの書やお飾りなどを燃し、今年一年の無病息災を願います。私が住んでいた地域では「どんど焼き」という名前で似たような行事がありましたが、なのはなでは「とんど焼き」と言っていて、少しだけれど名前が違うことに驚きました。でも、語源は同じでどちらも「どんどん燃やす」という意味合いがこもっているそうです。

 中庭に用意してくれていたドラム缶に、あゆちゃんやまえちゃんが火を焚いてくれていました。その周りにみんなで輪になって順々にお飾りや自分の書をくべていきました。お餅つきの時に盛男おじいちゃんから教わってみんなで作ったしめ飾りや門松。それから、お正月の書初めのときに、みんなと書いた「有情」と自分の抱負。真っ白い半紙は火の中に投げられるとあっという間に真っ黒い炭となり、小さく縮んでいきました。この時に半紙に書かれた文字まで一緒に小さくなっていくのが見えて、何だか面白かったです。

 書が燃えつきると、切れ端が風にあおられて空中に舞うことがありました。空に上がるといいことがあるようで、みんなで「上がれ、上がれ!」と声を上げながら見守りました。中には体育館の屋根の上まで飛んで行ったものもあって、歓声が上がりました。

■無病息災を願って

 私が最後にくべた一枚も、ほんの少しでしたが風で飛んでいきました。誰が書いた書だろうと関係なしに、みんなで見守り、抱負が天の神様に届いているようで嬉しかったです。炭のいい香りに包まれながら、みんなと火を見つめている時間が暖かくて幸せでした。

 お飾りや書を全て燃した後には、燃え残った灰をお互いのおでこにつけて今年一年病気をせず、健康に暮らせることを願いました。私はやよいちゃんと灰をつけ合いました。みんながおでこに黒いぽっちをつけてニコニコ笑っている姿が可愛くて、その中にいるだけで幸せな気持ちになりました。今年初めてお正月を迎えたたけちゃんも、灰のお印をおでこにつけてもらっていました。たけちゃんもなのはなのみんなの中で、大きくなっていくのかと思うと嬉しいなと感じました。

 この地域では、とんど焼きをした日には、鏡開きをしたお餅を焼いて小豆粥やぜんざい入れて食べる風習があるそうです。なのはなでも台所さんが夜に温かいぜんざいを用意してくださいました。鏡餅と一緒に、須原さんやゆいちゃんがつき足してくれた四角い切り餅も入っていました。あんこの甘さが心をほっとさせてくれました。

 お正月には日本の伝統的な行事や遊びをたくさん経験させてもらい、とても楽しくてありがたかったです。お正月が終わってしまうのはちょっぴり寂しいけれど、今年一年、またみんなと頑張っていい年が過ごせるといいなと思いました。