2月15日(月)「芽キャベツ、初収穫」

2月15日のなのはな

 芽キャベツの初収穫をしました。昨年10月に植え付けたときから待ち望んでいたこの日が、いよいよ訪れました。ユーノスハウスに植っている、100株近くの芽キャベツたちは、寒さを頑張って耐え抜き、暖かくなってきたこの数日間、一気に大きくなりました。成長点から広がる株の本葉はピンと上に張っていて、色は鮮やかな薄緑。そして、その本葉の下についているギュッと結球したたくさんの小さなキャベツは、なんといっても可愛い。植物にしかない可愛さです。

 

DP2Q0319

 

 今日の午後、私はなおとさんと2人で2.5センチの基準を満たす芽キャベツを収穫しました。茎についているキャベツを指でポロっと取り外す感覚は思わず笑ってしまうくらい面白かったです。収穫した後の芽キャベツの株は下だけ素っ裸で、上部はまだ小さい実と本葉で茂っていて、なんとも言えない不思議さがあります。緑色の可愛いおばけみたいです。

 芽キャベツの収穫は1回きりではなく、収穫することによって、これから先大きくなる芽に栄養を送ることにもなる、一石二鳥の作業です。
 収穫されることによって、これから先のまだ見ぬ芽の成長につながる。どこまでも 上へ、上へと成長する芽キャベツの株はなのはなで教えてもらうことを反映していて、とても魅力的な植物です。

 

DP2Q0330

 
 ミニキャベツでいっぱいになった収穫籠を農産倉庫前に持って帰ると、みんなは「可愛い!」と歓声をあげてくれました。今日は1キロ近く取れて、またみんなでいただく日が楽しみです。

 夕食の席でお父さんは、芽キャベツが大好きな2つの理由を教えてくれました。
 1つ目は、栄養分が高いこと。芽キャベツは小さいけれど、一般的なキャベツに比べ、ほとんどの栄養成分が多く含まれています。たくさんの食物繊維やビタミンC、K、β-カロテンなどの栄養素が豊富です。
 2つ目の理由は、いつまでも収穫できることです。芽キャベツはおよそ2ヶ月近くの間、収穫し続けることができます。

 今日は、たくさん芽キャベツに癒されました。これから手入れをしっかり続け、たくさん収穫していきたいです。

 

DP2Q0312

(えりさ)

 

***

IMG_1653

 見学アセスメントにいらっしゃったお客様へ向けて、午後に、演奏とダンスを披露しました。
 曲目は、『アライブ』『チープ・スリルズ&シェイプ・オブ・ユー』『ルナ』、そしてドラム隊とダンスに新しいメンバーを迎えての『サム・ナイツ』です。曲のあいだにふと目が合った人の笑顔に、力と気持ちを引き出してもらいながら、ミーティングや、寸劇&演奏会を経験してきた仲間と表現できる喜びを感じて演奏しました。お客さんが、私たちの笑顔から、生きることが楽しい、という気持ちが伝わってきた、と言ってくださったことをお父さん、お母さんから教えてもらい、とても嬉しかったです。
 

IMG_1527

IMG_1683

IMG_1707

 

 作業では、落ち葉堆肥の切り返し、桃の摘蕾、豆の選別、野菜の手入れなどを進めました。あいにくの雨で、引き上げなければならない作業もありましたが、明日からも良い作業をしていけるよう頑張りたいです。

DP2Q0307
〈桃の摘蕾は、石生の桃畑の加納岩白桃に入りました。25年近く生きている木たちですが、枝には花芽が豊かについています〉
P2150009
〈春菊の収穫と手入れも行ないました〉