2月10日(水)「日の光に満ちた畑で ――桃の摘蕾講習会――」

2月10日のなのはな

DSCF4126

 桃の剪定が終わり、今日から摘蕾が始まりました。
 桃の講習会に参加しているメンバーで、あんなちゃんに教わり、開墾26アールの畑で摘蕾を進めました。開墾26アールで今回行なったのは、4年生の清水白桃と、5年生の白鳳という品種でした。

 はじめにあんなちゃんが、実際に桃の枝を見ながら摘蕾の仕方を教えてくれました。
 2回行なう摘蕾のうち、1巡目です。
 1巡目は、枝の上側、先端、元の部分、という確実に実をつけない場所についた花芽を、ざっと落としていきます。

DSCF4129

 例外で1、2センチのごく短い枝は、先端の下側についた花芽を残します。
 以前、清水白桃はこういった短果枝にいい実がつく、ということをあんなちゃんに教わりました。
 簡単にぽきっと折れてしまいそうな小枝ですが、甘い桃の実をつけることができるのが、すごいなあと思いました。
 ふっくらと雫の形に膨らんだ花芽と、タケノコのようにシュッとした葉芽をしっかり見分けて、花芽だけを落とすことも大切でした。
 多くは花芽2つの間に葉芽1つが並んでついていましたが、中には花芽だけが3つ並んでついていたり、葉芽だけが複数ついていることもありました。

 最終的にならせる実の数まで、蕾を落とすのは2巡目なので、1巡目はとにかく大雑把に全体を終わらせることが重要でした。
 お父さんに「落としすぎないようにね」と注意して頂きました。
 つけるべき実をしっかりと残すために、摘蕾の作業は緊張しました。

 昨日までの寒さが一変し、午後の桃畑は暖かい日の光に満ちていました。
 初めは、1本の木に3人でとりつき、1人1本の主枝を担当しました。
 下から順に、見落としがないように1本1本の枝を隈なく見ていきました。
 手順通り、弾力のある花芽を一心に摘蕾していると、時間が経つのも忘れました。

DSCF4132

 1本の木を終えると、いつのまにか身体が熱くなっていました。
 上着を脱ぐと、心地よい風に頭と身体を冷やすことができました。

 次の木に移る際、ふっと畑を見回すと、鮮やかなピンクジャンパーを着たみんなが、脚立に乗ったり、木の下から手を伸ばしたりして、桃の木を取り囲んでいました。
 一足早く桃の花が咲いたような光景でした。
 みんなの優しいまなざしや手つきが美しくて、心が温まりました。

DSCF4146

 私は、脚立をたてることがとても難しいと感じました。
 見当をつけて脚立に乗ると、途端に枝の見え方が変わります。
 また、一番作業がしやすい距離感を掴むことも、難しかったです。
 私が斜めに脚立を立ててしまっていると、あんなちゃんが正しい脚立の立て方を教えてくれました。
 斜面に対して垂直に脚立を立てることでした。
 脚立の角度があまりに急になってしまう場合は、脚立の鎖を外して、足がずれないかよく確認して脚立に乗ることを教わりました。
 それを実践すると、ずっとやりやすくなって、嬉しかったです。

 あっという間に5時となり、作業を終えました。
 開墾26アールの約8割の1巡目を、大勢の力で進めることができました。
 暖かい空気の中で、みんなで摘蕾を進めることができて、とても嬉しかったです。
 もっと素早く的確な、良い桃の摘蕾ができるようになるため、心してこれからの摘蕾の作業に向かっていきたいです。

(りんね)

 

***

 

IMG_9812
〈まさはるさんのお知り合いの方から、軽トラックを頂きました! なのはなの軽トラックは、11台になりました〉

 

P2100014
〈日中の最高気温が10度を上回り、畑に出ていても動きやすく感じました。 午後には中畑のキャベツの追肥や草取りなどの手入れも進みました!〉

 

IMG_9839
〈花壇では、ムスカリの花が顔をのぞかせています〉