「セブンブリッジ大会」 まち

2月8日

 昨日はセブンブリッジ大会でした。私は実行委員でリビングと2年生教室を行ったり来たりしていたのですが、どこに行ってもみんなが笑顔で楽しそうではっちゃけていたので、その様子を感じるだけでとて幸せな気持ちになりました。実は前半戦始まってからすぐに、リビングの廊下でひっそりと罰ゲーム用の眉毛と髭の作成をしていたのですが、あちらこちらからみんなの悲鳴とか喜びの声とか聞こえてきて、その声を聞くだけで、自分がその空間にいられることが嬉しかったです。

 あやかちゃんはいつも、適確に落ち着いて仕事をこなすし、なおとさんも焦りとかプレッシャーとかなく、楽しそうに実行委員の役割を果たします。私はこの2人にいつも刺激をもらいます。こうやって落ち着いて、楽しんで仕事をこなすのがいいんだな。私が懸念するような心配事なんて、ほとんど起きないんだな、と思いました。初めてやる仕事とか、慣れていないこととか、失敗が怖くて不安の先取りとかしていたのも、もう必要がないんだと気が付きました。安心してその場に溶け込んで、自分の役割を果たすために楽しんだらいいと気が付きました。

 この気付きは、人生のスタンスにも共通していると思っていて、仕事だけでないと思いました。リラックスして楽しんだらいい。なにも心配いらないし不安なことがないのだと思います。そう気付いたのも、私がなのはなに来てなのはなの子になれたからだと思いました。

 今日の夜の集合で、お父さんとお母さんがご指摘してくださったこと、ちゃんと受け止めて、次のセブンブリッジ大会に生かしたいと思いました。毎月行なわれることなので、毎回どんどん面白く楽しくなって、みんなが安心できるものにしたいし、せっかく実行委員をさせてもらっているのだから、そんな工夫をこなせるようにしていきたいです。

 それにしても、ベレネスは強すぎる。なんとかして罰ゲームをさせたい。次回はオレンジレイと組み合わせて打倒ベレネスを目指してやってみたいと思います。

 今日は午前中フレディ会議と、午後は選別を主にしました。やっぱりフレディ会議をしているときが一番楽しいです。今回はかなりアクティブで、身体を張った動きが多いです。本当に感動的です。選別はさきちゃんを中心に、楽しく進めました。5分で、2人1カップで終わらすのが目標です。この5分が結構厳しくて、6分だと余裕で終わるけど、5分となると気を張って集中し続けないと終わらすことが難しいです。なつみちゃんとななほちゃんのペアがいつも速くてすごいな、と思いました。

 安心して、毎日なのはなで起こる楽しさとか暖かさに身を委ねたらいいのだと思いました。そうしていくと、いかに自分が無力で、頼りなくて、生まれたての子のようだと気が付きます。どこも力を入れていなくて、リラックスして過ごしています。これは、以前の私だったらありえないことだったのですが、これが正しいのだと思います。楽しく穏やかに、暖かい気持ちでみんなと笑い合っていきていくのが、本当は正しい人生の過ごし方のような気がしました。なんて人生は楽しくて優しいのだろう。そう思えてとても幸せな気持ちになりました。

 この幸せを感じたらもう元には戻れません。いつでも手にすることができる、暖かい幸せです。

 リビングに入ったときにふっとみんなが見せてくれる笑顔とか、通りすがりに掛けてくれる言葉が私の原動力で、その暖かさをみんなに広げていきたいと思います。自分が生かされていること。笑顔で生活できていること。過去を思えば当たり前じゃないです。いつでも感謝の気持ちと謙虚さを胸に抱いて人と接して生活していきたいです。読んで頂いてありがとうございました。