「心はみんなと同じくらい」 みつき

1月30日

 今日は、ミーティングの講義や集合の時間にお父さんやお母さんの話を聞いて、すごく力がわいてくるのを感じました。毎日、大切な話をありがとうございます。

 最近、ミーティングを受けたり、みんなと過ごしていくうちに、自分の心が変わっていっていると思います。強く、穏やかなものになっていく感覚がして、それがすごくうれしかったです。
 でも、それに対して、身体はまだ弱いままです。インターバル速歩は、途中で足が動かなくなってしまって、みんなについていくことが出来ていません。畑仕事でも、すぐバテてしまう自分が悔しくなります。
 しかも、みんなのように動けるようになりたいと思っているのに、まだ心のどこかで、体重や筋肉が増えることを不安に感じている自分がいました。

 そのことをなつみちゃんに話してみたら、
「みんなもそのことを分かってくれているし、誰も責めたりはしないから、焦らずに今はみんなを頼って過ごしていけばいいんじゃないのかな」
 と、言ってくれました。
 そのあと、よしみちゃんも、
「みつきちゃんも絶対にいい方に変わっていけるから、大丈夫だよ!」
 と、笑顔で声をかけてくれました。

 そのとき、お母さんの話してくださった、「前向きなところにしか答えはない」を強く感じて、わたしもこうやって考えていかなければいけないなと思いました。
 みんなの明るさや前向きな姿には、とてつもないパワーがあります。
 わたしはそのパワーに、何度も何度も助けられています。
 わたしも、まだまだ弱っちい身体だけど、心はみんなと同じくらい、みんなに負けないくらいのパワーを持てるようになりたいと思いました。
 そして、今はみんなに頼っていて迷惑をかけているかもしれないけれど、頼って迷惑をかけた分だけ、今度はわたしも誰かのために動くことができるように、優しくすることができるようになりたいです。