「正しい夢と志を持って」 ひなの

1月30日

 ミーティングのテーマ8の発表や、お父さん、お母さんのお話を聞かせて頂けて嬉しかったです。
 グサグサと胸に突き刺さることもたくさんあります。けれど、ゆうきちゃんのお話を聞かせて頂いたり、卒業生の人の姿を思い浮かべたりして、本当に今このミーティングで依存を切って、正しい夢と志を持って生きていかなければいけない、と思いました。
 
 これまでのテーマの中で、構造的な間違いのもとで傷付いてきたことを教えて頂きました。依存を切れずに間違った方に気持ちを向けて、間違った人を喜ばせたり見捨てられないようにと思って生きようとすることは、この世の中の間違いを助長することにも繋がってしまうのだと思いました。
 自分やみんなが傷付き、そして今も傷付いた人を生んでしまっているこの世の中の間違いを助長することは、なのはなで生きる使命を教えて頂いた者として罪だと思いました。
 
 自分と同じように傷付き、けれど依存を切って自立して生きていく、となのはなを卒業した先輩方がいます。なおちゃんの姿があります。
 私には、生きるべき道はもう示されているのだと思いました。自分の手で自分のストーリーを作っていかなければならないのはもちろんだけれど、その方向はもう示されているのだと思いました。あとは自分次第なのだと思います。

 みんなと手を繋いで、ゴロンと良くなりたいです。必ず依存を切って、利他心で生きたいです。

 今、このミーティングを受けさせてもらえることがとても有り難いと感じます。

 そして、明日はれいこちゃんの試験の日です。
 れいこちゃんが出発していく姿は爽やかで、潔くて、笑顔が眩しかったです。れいこちゃんが勉強に向かう気持ちを、その姿から感じたり日記を読ませてもらったりする度に、私も何度も正されました。
 年末年始も、6年生教室で同じ空間にれいこちゃんがいてくれたから、遊びに参加できなくて寂しいなと思うことがあっても頑張るぞと思えました。
 この間の試験の日にも、朝にウィンターコンサートの動画を見ました。『シャンデリア』を踊るれいこちゃんの姿に、なのはなの子として試験に向かう気持ちを確かにしてもらったと感じます。
 れいこちゃんがなのはなの子として勉強する姿が綺麗だし、私もそうありたい、と思います。
 れいこちゃんが力を尽くせるように応援していたいです。