「晴れていく」 えみ

1月28日

 今朝は冷え込んでいたけれど、空を見ると晴れていて、過ごしやすい1日でした。ミーティングも今日からテーマ7に入り、みんなと順調に進めていけることが嬉しいです。
 
 ミーティングを通して、まだはっきりとはしていないけれど、自分が過去に抱えていたもやもやした霧が、少しずつ晴れていくような感覚を得られています。みんなの書いた作文を読ませてもらって、自分では気づけなかったことに気づかせてもらったり、それが新しく思い出すきっかけになったりしています。

 作文を書く時に、キャッチフレーズをつけて書こうということになってから、どんな内容でも、それが前提にあるとと、ても文章が書きやすくなりました。他の人の作文を読ませてもらっても、キャッチフレーズがあることでイメージが浮かびやすくて、お父さんのアイデアが本当にすごいなと思いました。
 
 お父さんの講義を聞かせてもらったり、みんなの発表を聞かせてもらったりすることで、自分の未熟な部分や、認識を間違ってしまったことに気づくことがあり、ガツンと胸を打たれることもあるけれど、みんながいるから自分も回復しなきゃと思えるし、回復したいと思えます。まだ自分の過去とちゃんと向き合って、甘えを捨てて、ちゃんと自立した大人になりたいです。今の世の中を変えていける人になりたいです。
 明日からも引き続き頑張ります。

*畑作業
 今日の午後は、インターバル速歩をした後に畑に出る時間があり、収穫や野菜の手入れなどを進めました。私は最初、のりよちゃん、つきちゃん、けいたろうさん、まよちゃんと一緒に、ホウレンソウ第2弾の収穫に行かせてもらいました。ホウレンソウ2弾は全収穫する予定だったのですが、思った以上に量があったので、今日は3畝分だけを獲りました。収穫し始めの頃はまだ小ぶりだったホウレンソウも、少し暖かくなったからか、全体的にさらに大きくなっていて、立派なものがたくさん取れて嬉しかったです。
 1人1スパン担当で全収穫していったのですが、気づいたらコンテナが山盛りになっていて、全部で6コンテナ、22キロ以上もあったと、計量したつきちゃんが教えてくれました。まだ2弾は少し残っているのと、続けて3弾もあるので、またみんなで頂けるのが楽しみだなと思います。
 3弾は、2弾のものとはまた品種が違って、寒じめというそうです。地面に這いつくばるようにして生えていて、葉も厚みがあって、見るからに寒さに強そうでした。
 
 収穫を始める前に、今日は焼き芋のおやつがあったので畑の畔に5人で座っていただきました。アツアツほくほくの焼き芋を、外でみんなと頂けた時間も嬉しかったです。
 
 収穫の後には、のりよちゃんと一緒に崖崩れハウス3棟の液肥やりをしました。明日からまた寒くなる予報みたいだけれど、液肥に助けられて、野菜が寒さに耐えてくれたらいいなと思いました。Aチームでは他にも、人参の追肥や春菊の手入れなどやりたい作業がたくさんあったのですが、BCチームさんがたくさんヘルプに来てくれて、全部終わらせることができ、ありがたくて嬉しかったです。
 夕方に野菜切りをしていると、ひなのちゃんが「月がきれい」と教えてくれて、窓を除くと本当に明るくて真ん丸な月が空に浮かんでいて、綺麗でした。食事のコメントでも、夕日がきれいだったと言っている人もいて、心が温まりました。