1月27日(水)「ミーティング、テーマ6 & 勝央金時太鼓の練習日」

1月27日のなのはな

 心の傷を癒すミーティングも中盤に入り、6つ目のテーマを終えました。
 テーマ0から5までは、摂食障害となった心の傷の根本的な原因について、設問に答えながら、自分の過去と向き合い、みんなのなかで確かな普遍性を知り、理解を深めました。

 今日のテーマでは、今までのテーマを踏まえて、自分が傷を負ったあとに自分は癒される機会があったか、幼少期から育っていく過程で過ごした社会のなかで、誰しもが持つ大切な自尊心を、どう保ってきたのか。そういう視点で、設問に沿って作文を書き、午後にはチームリーダーさんの発表と、お父さんの講義がありました。

 場所や年代が違っても、感じたことはみんな同じでした。 私たちが感じた苦しさは、言葉が少しずつ違っても同じで、普遍的なものであるということが、はっきりと分かりました。作文を書き、チームメンバーの発表を聞かせていただいて、自分の心の中に深く潜り込み、私たちは傷を癒す機会を得られなかったことを知りました。

 

DP2Q0122
〈駐車場花壇では、クロッカスの蕾が顔を出しました〉

 

 そして、心に入ってしまった競争心や、強者の価値観、そのことにも改めて気づきました。
 お父さんの講義、そして、各チームの作文をまとめてくださったリーダーさんの発表を聞かせていただいて、過去の自分を客観視して、考えを深め、自分と向き合うことができました。
 作文を書いているときも、発表を聞かせていただくときも、いつも周りにはたくさんの仲間がいます。
 一人では、怖くて、絶対に自分と向き合うことはできないと思いました。
 仲間がいるからこそできることだと思いました。 

 気づいたことがあるから、私は自分が持ってしまった苦しい考え方を変えなければいけないし、オセロが黒から白に変わるように、優しい価値観に変えて、そんな優しい自分で生きて行きたいと思いました。
 優しい人になれたら、きっと社会を変えていける一人になれると思いました。
 みんなと受けたテーマ6のミーティングはお父さん、みんなからとても大事なことを教えていただきました。有り難かったです。 

(やよい)

 

 

***

P1270014
〈ダイコンやセロリ、アスパラ菜など 秋冬野菜がたくさん収穫できています!〉

P1270017

 

 

***

 

 夜7時から9時までは、勝央金時太鼓の練習へ行きました。今日から、みつきちゃんが新メンバーとして入ってくれました。先週はサリーちゃんが入ってくれて、新しく仲間が増えていくことが、とても嬉しいです。

 初めに竹内さんが、2人に基本的な立ち姿勢、バチの持ち方、腕のおろし方、力の入れ方を教えてくださいました。私たちも後ろから見ながら、改めて基本を抑えることができて、とてもありがたかったです。

 その後は自主練習として、強い音を出す練習、アクセントの練習、クレッシェンドとデクレッシェンド、テンポキープの練習など、今日は一通り丁寧に基礎練習をしました。初めてのみつきちゃんの横で、かにちゃんが丁寧に教えながら、みつきちゃんも少しずつ腕が上がり出し、叩けるようになってきていました。 
 私たちも少し久しぶりの基礎練習だったので、腕がパンパンになりながらも、みつきちゃんやサリーちゃんのおかげで、初心に戻ってしっかりと腕を上げ、テンポキープなども意識する機会となり、とても良い時間でした。
 新しく入ってくれた2人が、常に笑顔で楽しそうにたたいてくれている姿がとても嬉しかったです。これから一緒に練習に行って、和太鼓を叩けることが、とても楽しみです。

(つき)

 

IMG_5387
〈なのはなを卒業したメンバーのパートに、新しい仲間が入りました。会長の竹内さん、勝央金時太鼓保存会の方々を目標に、練習を積み重ねていきます〉