「深めて」 ひろ

1月23日

 お母さん、お誕生日おめでとうございます。私は、お母さんの娘にしてもらえて、本当に幸せ者です。お母さんは、なのはなのお母さん役を演じていると言われました。上品で強くて優しくて、潔く、強い志を持ち、進化しつづけているお母さん、誰にもよりかからず、独立し、お互い様の関係で、お父さんと沢山の仲間に囲まれているお母さん。お母さんの娘なら、私もお母さんに近づけるはず、そう信じ、お母さんの娘を演じます。演じるというと、本当の家族ではないように聞こえますが、そういう意味でなく、お母さんに恥ずかしくないようにある、という意味です。お母さんに恥ずかしくない自分であります。お母さんに近づけるように自分を深めていきます。お母さんのことが大好きです。
 
 私は、お母さんと出会い、母とはどういうものかを知りました。相手を深く理解し、愛情深く、厳しさとやさしさを持ち、誰にもよりかからず、ひとりの人として、夢を持ち、きらきらと輝いている存在。お父さんと仲睦まじく、周りには暖かい関係と笑顔があふれている。お母さんと出会い、なのはなで過ごすうちに、私は、家庭をもつこと、母親になることへ希望を持つことができました。

 今回のお誕生日会、お母さんがとても喜んでくれました。それが本当に嬉しかったです。お誕生日に向けて、みんなで袋小路突破隊の『行き止まり』の練習をしました。実行委員さんや、野菜時代、脱フワガールズが練習していました。私はよしえちゃんに誘ってもらって、ランチの準備をしてきました。お誕生日会までの間で、もう充分楽しかったです。お母さんは利他心で、いつも、みんなの喜びをつくってくれます。
 
 お誕生日当日は、朝からみんなの華やかな空気で、古吉野がカラフルになったようでした。演奏も、ゲームも、食事も本当に最高でした。夜、お風呂でも、お誕生日会の話がつきませんでした。私は、イベントや外出した日、夜にお父さん、お母さん、みんなと、楽しかったね、良かったねと話せることに、とても幸せを感じます。ひとりで家に帰る寂しさも、共感してくれる相手のいない寂しさも、もう感じなくていいんだと思えます。

 お母さん、私のお母さんになってくれてありがとうございます。娘にしてくれてありがとうございます。私に家族をつくってくれてありがとうございます。私はお母さんの娘として、責任を持って生きていきます。これからも、ずっとずっと、よろしくお願いします。お母さんのことが大好きです。