1月24日(日)「春の支度 ――農業資材の在庫チェック & 白大豆の選別」

1月24日のなのはな

 春がやってきたら。畑の元肥入れ、種まき、定植……春夏野菜の栽培は、目まぐるしく展開していきます。スムーズなスタートを切ることができるよう、冬のあいだも計画的に、コツコツと準備を進めています。
 
 今日は、農業資材の在庫チェックをしました。防虫ネット、トンボ、マルチシート、ポール、育苗用のトレー。足りないものを洗い出し、今のうちに購入しておく。そうすると、春を迎える頃には、準備万端で春夏野菜を育てることができます。

 集まったメンバーは、4人。やよいちゃんとさくらちゃんは、防虫ネットやマルチシートなど、畑で使う農業資材を中心に。
 私は、よしみちゃんと一緒に、種まきに使う農業資材を担当し、種まき用のトレーと育苗ポットの数を数え、今、使えるものの数を出しました。
 
 さあ、納屋の育苗グッズが置いてある場所に潜り込み、気合いを入れて作業スタート。
 種まき用のトレーには、いくつか種類があります。育てたい苗によって、72穴、128穴など、使い分けます。(こんなに、あったんだ……)あらためて数えてみると、なかなかの数です。
 さらに収納スペースの奥まで、見落としているトレーは無いかと探索をしていると……今まで、使ったことのない形のトレーを発見。(これ、使えるかも!)思わぬ掘り出し物に出くわしました。
 
 さて、私がトレーを数えているあいだ、よしみちゃんは、育苗ポットの数を数えてくれています。数を数えつつ、種類別に分け整理整頓。使いやすくしておくことも、大切です。

 納屋下でゴソゴソと作業をしていると、放送が聞こえてきました。「おやつの焼き芋があります。みんなはリビングへ」とのこと。やった! ちょっと休憩しよう!
 リビングへ行くと、やよいちゃん、さくらちゃんチームの姿が。焼き芋を頬張りながら、「そっちはどう?」「なかなか手強い」そんな会話を交わします。

 リビングでは、白大豆の選別作業が進行中。さきちゃんとえつこちゃんが、白大豆の選別基準を歌に乗せて歌ってくれています。リビングに響く、みんなの手拍子と笑い声。ノリノリな2人の歌に元気を貰ったところで、再び納屋へ。
 最後は、2人で残りの育苗ポットと格闘。そして、整理整頓した育苗ポットを再び納屋におさめ……やった、作業完了!

 達成感を胸に、納屋の別の場所でマルチシートの整理をしていた、やよいちゃんとさくらちゃんのもとへ。「合流できます」と声を掛けると、「もうすぐ、終わりそう」とのこと。良かった、時間内に目途がついた。
 これで春に向けての支度が、また一歩前進。そんな充実感を感じつつ、今日の作業を、無事に終えるのでした。

(あやか)

 

P1240030
〈資材について、資料もまとめました〉

 

 

***

 

 午後の作業は、みんなで白大豆の選別です。味噌づくりが2月から始まるので、白大豆の選別は重要な作業です。今回の味噌づくりに使われる白大豆は、およそ90キログラム。
 米袋いっぱいの白大豆を、限られた時間で大量に選別するために、リーダーのしほちゃんが様々な工夫をしてくれています。
「2人で、制限時間内に1カップ終わらせる」というミッションなのですが、今日はのりよちゃんとゆりかちゃんペアがとても速かったです。なので、みんなで、のりよちゃんの選別の方法を見せてもらいました。「両手を使って選別をして、まとめてパックに豆を入れる」という方法でした。わたしも実際にやってみると、すごくスピードが上がって、かなり余裕を持って制限時間内に終わらせることができました。

 

P1240008

P1240019

 

 さらに、今日はえつこちゃんとさきちゃんが、「アイドルえったん」と「ファンの敦男さん」になって、「白大豆の選別ソング」を歌ってくれました。面白いだけではなく、歌うことで選別方法もわかる、すごい曲でした。またみんなで歌いながら、選別をしていきたいです。

 最後には、しほちゃんが、選別された味噌用の白大豆の重量をはかってくれました。すると、今日だけで11キログラムも選別することが出来ました。終わった後にはすごく達成感があって、笑顔になれました。
 なのはなのみんなで作った白大豆で、味噌づくりをできることが、うれしいです。

(みつき)