「人生を走り続ける」 ふみ

1月23日

○お母さんのお誕生日

 お母さんのお誕生日をみんなとお祝いできて、すごく嬉しかったです。お母さんの笑顔やお父さん、みんなの笑顔で溢れていて、お母さんのお誕生日がすごくすごく嬉しかったです。

 お母さんが自分の誕生日を使って、みんなのためを思って誕生日会をやろうと言ってくださって、お母さんの優しさや、みんなのことを思う気持ちが本当に綺麗で、そんなお母さんの子どもになれて本当に幸せです。
 お母さんが、「みんなが嬉しいと、お母さんも嬉しい」と言ってくださったように、お母さんが喜んでいる姿やお母さんの笑顔をみると、私もすごく幸せになります。
 お母さんがお母さんの生きる姿で教えてくださったから、私もそういう気持ちになれたのだと思っています。

 なのはなファミリーに初めてアセスメントに来たとき、お母さんの笑顔をみて、こんなに美しい人がいるんだと思ったことを今でも鮮明に覚えています。
 お母さんの力強さや潔さ、目の前の人やまだ見ぬだれかのことを思って、仲間集めをしているお母さんのように、お母さんが教えてくださったことをまだ見ぬだれかに還元していけるように、成長したいし、もっともっと強くなります。

 いつも真っ正面から向き合ってくださって、お母さんは私に対して変わってほしいと思っているところを教えてくださって、それは、本当に目の前の人のためになることなんだとお母さんに教えてもらいました。相手が傷つくかなと怖がって、真っ正面から向き合わないのは間違っていて、優しくもなんともないということを、日々、お母さんの姿から学ばせていただいています。

 

 昨年の年末くらいのことになるのですが、お母さんと一緒にグラウンドの整理をさせてもらったとき、少し重めの材木を移動させていたら「ふみちゃん、力持ちだね」と言ってくださったときに、お母さんの優しさや目の前の人を大切にするという気持ちを教えていただいたように感じました。
「力持ちだね」と言ってくださったお母さんの瞳が本当に優しかったし、私は、お母さんとの作業をしていると、どんな作業でも楽しくて頑張れる。そう思いました。

 お母さんが周りを巻き込んで楽しくしちゃうところが本当に大好きで、私もお母さんのように、目の前の人のために力を尽くせる人になりたいです。
 私は、勉強もできないし、頭も悪いけれど、お母さんに力持ちだねと言ってもらえたことで、自分は力持ちという自信に繋がって、いつもお母さんにたくさん助けていただいています。
 お母さんの優しさは見返りを求めない優しさで、そんな優しさと強さ、潔さを持ったお母さんが大好きです。

 以前、お母さんが手をぎゅっと繋いで、「ここに居ていいんだよ」と言ってくださったとき、お母さんの瞳はまっすぐでした。だれかにまっすぐ瞳をみて、まっすぐに気持ちを向けてもらったことがなかった私は、凍り付いた心の氷が溶けていくのを感じました。
 お母さんは私の本当のお母さんです。
 いつも輝いているお母さんがかっこよくて、私もお母さんの背中をみて成長します。

  お母さんが話してくださったことで、「走り続ける」ということを思ったときに、人生を歩むのではなく、人生を走り続けるんだ、とお母さんの姿を見て思いました。
 一人で走り続けることは難しいかもしれないけれど、仲間と一緒なら走り続けることができる、自分のためじゃなくて、まだ見ぬだれかのためだったら走り続けることができる、それが力になると思いました。
 転んだっていい、転ぶことは恥ずかしいことじゃなくて、走らずに力を尽くさないことの方が恥ずかしいんだということを、お母さんの姿から学ばせていただきました。私は、お母さんの子だから、転んでも走り続ける道を選びます。
 

 夜の集合で、卒業生の、もえちゃんの手紙を読んでくださったことも嬉しかったです。もえちゃんが恥ずかしそうに笑う笑顔を思い出しました
 もえちゃんのまっすぐな人を思う気持ちや優しさで溢れている手紙で、もえちゃんのような心持ちで私も過ごしていきたいです。
 いつも謙虚に、感謝の気持ちを持って、目の前の人とお互い様の関係を築き、小さいところでも大きなところでも、人のためを思う優しさ基盤で生きていこうと思いました。

 お母さんのことが大好きです。これからもどうぞよろしくお願いします。今日一日幸せな気持ちを本当にありがとうございました。