「言葉以上の」 のん

1月23日

○お母さんのお誕生日
 お母さん、お誕生日おめでとうございます。いつも本当にありがとうございます。昼食のコメントのとき、今年は泣かないで言えそうだと思ったのですが、自分の番の時、パッとお母さんの方を見て、お母さんと目があったとき、お母さんの目がびっくりするくらいきらきらして綺麗で、優しい表情で、それを見たらなんだか泣きそうになってしまって、結局涙声になってしまいました。

 最近お母さんを想うとき、一番に思い出されるのが、去年の合格発表のとき、お母さんが「のんはみんなのお陰で合格したと思っていると思う」と言ってくださったことです。あの一言で、私は仲間に気付きました。なのはなに来る前、私は、周りはみんな自分の失敗を望んでいる、私を引きずり下ろせる瞬間を今か今かと待っている、ずっとそんな気がしていました。でも、お母さんのその一言を聞いて、いつの間にか周りにいるみんなが、大事な、引っ張り合える、助け合える仲間になっていたことに気がつきました。正確には仲間だと思えるようになっていたこと、と言った方がいいのかもしれません。

 意味のない競争に疲れた私が、また頑張ってみようと思えるようになったのは、お母さんとお父さんが、競争心が強くて、社会性がなくて、依存の強い私を理解してくださって、信じてくださって、私に生きる意味と、希望と、仲間をくださったからです。

 今日も本当に1日嬉しくて楽しかったです。久しぶりに数日前から何かを楽しみにわくわくしている気持ちを味わった、というくらい、心の中で今日を楽しみにしていました。その期待以上に楽しくて、嬉しくて、会が終わった今でも心があったかくて、嬉しい気持ちで満たされています。こんな風に誰かと思いっきり笑って楽しんで、嬉しさを共有できる日が来るなんて、本当に私はなのはなに出会えて、お父さんお母さんに出会えて、幸運だと思います。

 謎解きゲームで本当に私達とおんなじ土俵で全力で走って笑って楽しんでくださるお母さんとお父さんが大好きです。同じ土俵に、目線に降りてきて、真っ直ぐに逃げずに向き合ってくださるお母さんから、本当の優しさを知りました。強さを知りました。お母さんから教えてもらうときは、いつも心に直接伝わってきます。言葉も大事だけど、お母さんの姿から、お母さんが私に向き合ってくださる姿勢から、言葉以上の、何かを知ります。こんな心の働きがあったんだな、向き合うってこういうことか、精一杯で生きるってこういうことか、同じ目線でってこういうことか。それはときに言葉よりも説得力があって、私にすっと染みこんで、心を震わせます。

 お母さんのように100%利他心で、精一杯で生きていて、強くて優しくて、スケールの大きな人になれるように頑張ります。

 お母さんが大好きです。いつも本当に本当にありがとうございます。