「仲間として」 はるか

1月23日

 お母さん、お誕生日おめでとうございます。お母さんのことが大好きです。
 なのはなに来て、「誕生日、おめでとう」とお母さんに言ってもらったときのことを、ずっと覚えています。

 なのはなに来るまで、誕生日を純粋に祝ってもらったことがなくて、自分が生まれてきたことを肯定してもらっていないような気持ちがずっとありました。誕生日に不在だったお母さんは、次の日、グラウンドで作業してるところまで言いに来てくださいました。まさかそんなこと、ととても驚きました。同時に、暖かい気持ちでいっぱいになりました。ここにいていいんだな、ちゃんと生きていこう、と思うことができました。たくさんの家族が出来ました。
 
 なのはなで、お父さんとお母さんの子にしてもらい、いま生きています。自分の存在を肯定してもらい、理解してもらい、私は安心していられる家ができました。お父さんとお母さんが切り開き、作ってきてくださったものです。
 
 お母さんが、強くなきゃできないよ、と力強いまなざしで話してくださいました。お母さんの子にしてもらい、お母さんの仲間として世の中に出ていけるよう、成長していきたいです。お母さんの仲間として、なのはなの気持ちを強く持ち、周囲のひとたちを巻き込んでいけるように、強くたくましく、利他心とやさしさを持ちます。お母さんのように、たくさんの仲間を集めて生きていけるよう頑張ります。
 
 お母さん、いつも本当にありがとうございます。お母さんの娘でいられることが嬉しいです。お母さんは、世界一のお母さんです。
 これからも、どうぞよろしくお願いします。

 今日1日、お母さんのお誕生日を、家族みんなでお祝いすることができて嬉しかったです。お母さんが喜んでくださっている姿が、なによりも嬉しかったです。