「幸せ」 えりさ

1月23日

 今日は大好きなお母さんの誕生日。
 お母さん、おめでとうございます。本当に、お母さんに対する大好きな気持ちと感謝の気持ちは、言葉だけでは、伝えきれません。
 私は、お母さんの笑顔で、人生を取り戻す勇気が出ました。人を信じる力と意欲を完全に失ったと思っていたけれど、アセスメントの日、お母さんの笑顔を見て、ここなら絶対に安心できる、と思えました。そして、なのはなに来て、生きる希望を見つけ、幸せになりました。
 本当に、本当に、ありがとうございます。

 お母さんは利他心に溢れているから、人を救うような笑顔を向けることができるのです。お母さんの笑顔はお母さんの美しい心そのものです。
 そんなお母さんに、少しでも近づけるように頑張りたいです。
 いつも、お父さんお母さんに教えてもらう通り、今の歪んだ世の中を救うには、この「利他心」が不可欠です。利他心の人になれば、本当に笑顔一つだけで、人の人生を救う力を持てます。
 
 私もお母さんに救われたように、その先のまだ見ぬ誰かを救えるようになります。仲間をもっともっと集めて、なのはなの考えを未来に繋げます。
 本当の意味で強くて優しいお母さんの背中を、どこまでも追いかけ、お母さんが描く、優しい世界を切り開く、なのはなの子であり続けます。

 今日は盛りだくさんな1日でした。ずっと楽しかったです。お仕事組さんたちが考えてくれた豪華ランチから始まり、メンバーが増え、パワーアップした“脱ふわガールズ”の最高に可愛い、希望に満ちた演奏。TOのまりぞうさんを演じる、けいたろうさんが加わった野菜時代。再びドクターなーぞの助手として、みんなと謎解きゲームを出来たこと。進化した「第2回フレディー会議」。涙を流しながら笑った、本当に楽しい、幸せに溢れた1日でした。

 しかし、そんなお母さんの盛大な誕生日会で一番心に残った時間は、全員で『行き止まり』を歌った時間でした。ほしちゃんの合図で、全員一斉にステージの前に走り、歌って、踊って、発散した時間が最高に楽しかったです。

「私の人生やり直し。どこからどこまでやり直す。新しい世界を作るんだ。そんな決心したけれど、」みんなで足踏みしながらこの歌詞を歌っていた時、ものすごく大い、強い存在の一部になった気がしました。お母さんの仲間でいられる誇りの気持ちがみんなとぴったり揃っていたからだと思います。
 そしてみんなで、「もう楽しくて、仕方がないの!!!! キャーーーー!!!」
 お母さんに向かって走ると、お母さんはとびっきりの笑顔を返してくれました。
 その時、本当に、お母さんとみんなの間に大きい幸せがある、そう感じました。この体育館の中には、世界の幸せをかき集めたものより大きい幸せがある、と本気で思いました。

「病気になって、良かったよ。治ってみたらユートピア。夢の世界があったんだ。みんなで作ろう。ユートピア!」
 『行き止まり』はまさに、今のミーティングでみんなが感じている思いをまとめてくれた、本当になのはならしい、素晴らしい曲です。それをお母さんの前で力強く、みんなで歌えた時間が自分たちにとっても、本当に、本当に、最高のプレゼントでした。
 今でも、お父さんお母さんの表情を思い出すと涙が出そうです。

 今日は本当に幸せでいっぱいでした。

 私、本当になのはなが大好きです。ここにいることができて嬉しくて、もう、こんなに嬉しくて楽しくて、幸せな場所は、世界のどこを探してもないです。本当になのはなのお父さんお母さん、みんなに出会えて良かったです。
 また月曜日からミーティングが始まるのですが、今感じているこの思い、なのはなに出会えた幸せ。まだ見ぬ誰かに繋げていくために、気持ちを切り替えて、頑張りたいです。

 お母さん、改めて、お誕生日おめでとうございます。お母さんのことがとっても、とっても大好きです!
 おやすみなさい。