「宝箱から」 ゆい

1月23日

 お母さん、お誕生日おめでとうございます。
 今日は、家族みんなでお母さんをお祝いして誕生日会をすることができ、お母さんの笑顔をたくさん見られてとても嬉しかったです。

 お母さんがきらきらした笑顔で、みんなからのお誕生日のお祝いの言葉を受け止めてくださったり、みんなで、『行き止まり』を歌う時に嬉しそうにしてくださったり、謎解きゲームを楽しまれている姿をたくさんみられて、この時間が本当に宝箱から色んな光り輝くものが溢れ出してきたような時間だと思いました。

 お母さんの笑顔は、本当に魔法です。一気に、全てが解けて明るく前向きな方へ進んでいく気がしてならなくなります。私は愛されている、そう思います。
 今、ミーティングをさせてもらっていることもあり、さらに、お母さんの存在が「私のお母さん」として入ってきて、すごく嬉しいです。

 お母さんの子供になれたから、大丈夫だと思えます。お父さんお母さんの子供になれたから、これからは私は人生を作っていけると思えます。みんなに出会わせてもらえて、仲間になれたから、私は仲間の一人として、きちんと自立していこうと思えます。なのはながいつでも背中を押してくれるはずだから、誠実に、一生懸命生きよう。自分のサクセスストーリーを作る生き方をして幸せになって、誰かに繋がるように頑張ろうと思えます。

 お母さんの生き方を、私はたくさん吸収して、これから生きる軸にしていくことができるのは、本当に奇跡のようなことだと思います。
 私は、なのはなに来られていなかったら、競争社会の中で惨めにのたれ死ぬだけだったと思うのですが、お父さんお母さんに救ってもらいました。
 私は、優しくなりたいと思っていなかったと思います。でも、今、私は優しくなりたいです。
 お母さんのように、本当に強い女性になりたいです。誰かを守れるように。未熟でも、全力で生きられるようになりたいです。お父さんのような人に出会いたいです。
 どんなときも、全力で伝えようとしてくださるお母さんに出会えて、本当に救われました。お母さんの仲間として相応しい人間になります。力をつけます。

 なのはなの子として私は生きます。私はお父さんとお母さんの、なのはなのゆいです。なのはなの生き方で幸せになって、なのはなの生き方を広げる一人に必ずなります。
 お母さん、いつも、ほんとうに、本当にありがとうございます。お母さんのことが大好きです。