「大好きな仲間と、大好きなお母さんへ」 ななほ

1月23日 土曜日

 お母さん、お誕生日おめでとうございます。いつもそっと見守って下さり、たくさん助けて下さりありがとうございます。なのはなに来て本当のお母さんに出会うことができて、お母さんの姿を見て大人になっていけることが嬉しいです。

 お母さんの姿から勇気をもらって、お母さんの力強い歌声、上品な笑顔、潔さや正義感の強さから、あるべき生き方を背中で教えてもらい、私もお母さんのようなお母さんになりたいです。来たばかりのころ、私が何度も間違った事をして、中々前を向いて進めない時、お母さんはずっと信じ続けてくれて、「本当はそうじゃないだろ。」「ななほ、今までのままじゃ生きていけないってわかっているんじゃないの? 苦しかったんじゃないのか?」と言って下さり、お母さんの言葉に、何度も嬉しい涙、安心の涙をもらいました。

 なのはなに来るまで、悲しい涙、寂しい涙、上手く生きられないことに対する悔しい涙は沢山流してきたけれど、なのはなに来た日に、初めて安心の涙が出ました。その時はどうして涙が出るのか、何に安心したのかは分からなかったのですが、今思うと、初めて自分を受け入れてもらって、初めて「お前さんが来てくれて嬉しいよ」とお母さんに言ってもらえて、(ああ、私はここで生きていけるんだな。こんなに素敵な場所で生きられるんだな)と強く思ったのを覚えています。

 今まで私は、お母さんというと、どこか頼りなく、悲しそうで、いつも疲れていて、家事と育児に追われているというイメージがありました。でも、なのはなのお母さんの、力強く、逞しく、上品な姿を見るたびに(ああ、私もお母さんのように、強くなりたい)(私にはこんなに素敵なお母さんがいるんだ)と思えます。

 お母さんがいつも1人1人に全力で、真正面から向き合って下さる姿に私はとても安心します。遠回しだったり、遠慮がちではなく、真っすぐに正しい事を教えてくださるお母さんの姿に、ものすごい力をもらい、(ちゃんと生きたい、私はちゃんと生きていく)と何度も思いました。お母さんの言葉がスッと自分の中に入るのは、お母さんがどこまでも素直に、正直に正しい道を教えて下さり、明るい方に引き上げて下さるからです。

 『前向きな所にしか答えはない』、何か反省したり、失敗した時、お母さんの言葉を思い出します。(こんなことでクヨクヨしてられない)と思い、次はどうするのかを考えて、反省したり後悔してもスッと立ち直ることができます。お母さんと廊下ですれ違った時、お母さんがとても優しい笑顔を向けて下さり、少し申し訳ないくらいなのですが、お母さんの笑顔が嬉しくて、お母さんの笑顔に涙が出ます。

 泣き虫で、上手く自分の気持ちを伝えられない私を、お母さんは私がちゃんと涙を拭いて、話をするのを待ってくれます。お母さんが決して見捨てたり、私の失敗や態度で嫌いになってしまうことがないから、私はどこまでもお母さんを信じることができて、どんな事があっても前を向いて生きられて、なのはなの子として生きられます。

 お母さんが、「お母さんは、摂食障害からの回復を助けようなんて思っていなくて、仲間集めをしていると思ってるよ」と話して下さるように、私もものすごく未熟だけれど、お母さんの仲間として何があっても全力で走り続ける、新しい世界を作る仲間でいたいです。お母さんのように生きて、お母さんの仲間として優しい世界を作っていく仲間になります。

 お母さんがいて下さるから、今私は生きていて、これからもお母さんの娘として誇り高く生きていくことができます。上品で、美しくて、力強く、潔くて。そんなお母さんのように私もなりたいし、なのはなで大人になっていけることが嬉しいです。

・お母さんへ送る、スペシャルメニュー

 昼食はお仕事組さん達から、大好きなお母さんへ送る、スペシャルメニューでした。食堂に入ると、ガーリックトーストの美味しい香りと共にとても綺麗で鮮やかな花束やお花が届き、私も嬉しくなりました。たくさんの卒業生と繋がっていられる、そして、今でもたくさんの卒業生の仲間でいられることがとても嬉しいと思いました。

 そしてスペシャルメニューは、大皿になのはなの冬野菜が詰まったみんなでゴロンと良くなるグラタン。ジャガイモに、ブロッコリーに玉ねぎに。とてもチーズもホワイトソースも美味しくて、贅沢なグラタンでした。そして、美味しさパンチ力のガーリックトーストに、お母さんの大好きなダイコンの『プライドダイコン』(プライドを大切に!フライドダイコンです)。スープはさやねちゃん達が考えてくれた、米糀を使ったとっても味わい深いスープで、ガラスのお皿には菜の花畑のような副菜が盛り付けられていて、とても贅沢なメニューが嬉しかったです。

 お母さんの大好きなものが詰まったメニューを頂けて、私たちもたくさん、嬉しい気持ちを貰ったし、いつもお父さんとお母さんが話して下さるように、1人で食べていたら、ただ美味しいとしか感じないけれど、誰かの為に作った料理、誰かとお祝いして食べる料理は、格別に美味しくて、贅沢で、人と人との間に幸せがあるということを、日々の生活の中でもたくさん感じるなと思いました。

 サプライズで永禮さん、ひでゆきさんにあゆみちゃん、のぞみちゃんも来て下さり、家族みんなでお母さんのお誕生日のお祝いをさせて頂けた時間が嬉しかったです。

・なのはなの気持ちがたくさん詰まった

 午後はお母さんに大好きな気持ちを家族みんなで伝えました。大好きな仲間と、大好きな人へ送る歌。演奏、演出。最初は『脱フワガールズ』の「脱いで」をスペシャルバージョンの5人組で聞かせて頂きました。何度聞いても、可愛い気持ちをもらい、つい「可愛い」「フワフワ」と言ってしまう位、本当にメンバーも歌も可愛くて、こんなに可愛い仲間がいるのも嬉しいなと思いました。よしみちゃんとえみちゃんも入って、みんなの歌声を聞かせて頂けて嬉しかったし、とっても可愛かったです。
 そして、『袋小路突破隊』と家族みんなでの「行き止まり」。(いつかこの曲をみんなで歌いたい)(私も仲間に入りたい)と、クリスマス会の時から思っていて、それを実現できたのが嬉しかったです。最初、袋小路のみんなの演奏から始まり、ほしちゃんの「落としてきたよー」でみんなが立ち上がり、キャーと叫びながらステージの方へ走ります。

「間違った、間違った、誰かのお陰で間違った」「そう、あんたのせいだよ」という過激な歌詞から始まり、「いち抜けた、いち抜けた、依存の地獄はもうやめた」と前向きにサッパリします。「私は人生やり直す、どこからどこまでやり直し、新しい国を作るんだ、そんな決心したけれど」。

「それがね、もう、楽しくって、たまらないの! キャーーー!」
 こんなに発散できて、笑顔になって、激しく面白いけれど、感動して涙が出てしまう歌はありません。この曲を家族みんなで歌い、見ている人にも発散してもらったり、楽しんでもらえて嬉しかったし、これからもずっと歌いたいと思いました。深いとことで、私は1人じゃない、こんなにも仲間がいるんだと感じたし、もう競争社会もいち抜けた、私はこの仲間と優しい世界を作るんだ、お父さんとお母さんが教えて下さるような、新しい世界をみんなで創っていくんだ、そう思いました。

 お父さんとお母さんから教えて頂いたこと、お父さんとお母さんが助けてくれたように、次は私たちがまだ見ぬ誰かの為に生きて、なのはなの気持ちを繋げていく。それをみんなで決意した歌のようで、この曲をなのはなの卒業生にも聞いてほしいし、一緒に歌いたいし、ウィンターコンサートでできるのも楽しみです。

 そして、紅白歌合戦からもう1度やってきた、『野菜時代』。さきちゃんとせいこちゃんのファンになってしまう位、とても2人が輝いて見えて、つい2人が登場した時に「フ~」と言って拍手してしまいました。えったんとのえたんもとても可愛くて、爽やか系ののえたんもクールだったり、新曲の『私を誘引しないで』もとても面白かったです。どれみちゃんの役もどれみちゃんが居てくれるからまた面白くて、『野菜時代』のような演技ができるのが夢だなと思いました。

 けいたろうさんも、『野菜時代』に仲間入りして、けいたろうさんの役も面白かったし、みんなが本当に、役になり切っていて、すごいなと思いました。また『野菜時代』を見たいなと思いました。

 謎解きゲームとフレディ会議については、また後日日記に書こうと思うのですが、お母さんのお誕生日会をみんなでお祝いして、お母さんをお祝いするだけではなく、私たちもお祝いされているくらいとても楽しくて、今のなのはなの、全員の気持ちが1つになって、なのはなのイベントをお互い盛り上げよう、楽しもうという空気が大好きだなと思いました。

 夜にもお仕事組さん達が酒かすアイスを用意してくださり、とても甘くて、美味しくてとても幸福な味でした。また、お母さんがもえちゃんからの手紙を読んでくださって、気が付いたら涙が出ていました。本当に卒業生と繋がっていられることがうれしくて、私もなのはなの子として、なのはなの気持ちをどこまでも広げていく人になりたいです。ものすごく未熟で、足りない所ばかりの私だけれど、お父さんが話して下さったように、本当には人生にゴールはないのだから、ずっと走り続けて、泥臭くても粘り強く、なのはなの気持ちだけで強く生きていきます。これからも宜しくお願いします。お母さんお誕生日おめでとうございます。大好きです。