「笑顔」 なつみ

1月23日

 お母さんお誕生日おめでとうございます。
 鈴の音が聞こえると(お母さんだ!)と思って嬉しくなります。
 挨拶する時も、廊下ですれ違う時も、お母さんは日常の中でいつも笑顔でいて、いつからかわたしも、笑顔でいようって思うようになりました。
 お母さんの真似して笑顔でいたら、みんながわたしに笑顔をくれました。お母さんとみんなの笑顔はわたしを優しい気持ちに、安心した気持ちにさせてくれました。
 わたしは大人は笑わないものだと思っていたけれど、お母さんはいつもニコニコしていて、それは自分のためじゃなくて、相手のため、誰かのための思いやりの笑顔なんだなって、わたしはお母さんを見るとそう感じます。
 わたしもそうでありたいです。どんな時も、自分を横に置いて、その場にあった空気を作る、どんな時も、目の前の人との幸せを、大切な人との幸せを大事にできる、お母さんみたいにおっきな心を持ちたいです。

 お母さんが信じて笑っていてくれるから、わたしも自分の未来を信じられます。なのはなを誇りに、わたしは大きくなったら、きっとお母さんみたいに仲間を集めて優しい世界を広げます。今はそのために、いっぱい畑で動いて、みんなと協力して、みんなの中で埋もれながら、優しくなります。
 お母さんがいてくれるだけで、わたしはいっぱい安心した気持ちをもらっています。
 あまり上手に感謝の気持ちとか、大好きな気持ちを書けなかったけれど、わたしをお母さんの子にしてくれて、世界一素敵な家族と生活できることが、こころの底から幸せだと、お父さんお母さん、みんなのことが大好きだと思います。
 お誕生日おめでとうございます。なのはなに出逢って、救ってもらった私の人生を、わたしの全力で生きていきます。どうか、これからもよろしくお願いします。

 今日も一日ありがとうございました。わたしも、夢なら覚めないでほしいくらい、めいいっぱい楽しんだ一日でした。お腹が痛くなるほど笑ったし、泣きました。
 みんなと一緒に、お祝いできて、お母さんがとびっきりの笑顔で喜んでくれて、やっぱりなのはなが大好きだと思いました。
 おやすみなさい。