「優しい方へ力強く」 れいこ

1月23日

 お母さんお誕生日おめでとうございます。
 今日は1日、大好きなお母さんのお祝いを、大好きな仲間と一緒にできて、本当に嬉しかったです。
 お仕事組さんからお母さんへの愛があふれるランチや、オリジナルバンドのみんなの演奏、「袋小路突破隊」の仲間にみんなで入れてもらったこと、古吉野を全力疾走した脱出ゲーム、どこにも負けないコメディアンたち、卒業生のみんなからのお花やメッセージも、全部全部嬉しかったです。
 この世界の中で、お母さんのことが大好きで、なのはなが大好きで、こんなにもたくさんの同じ気持ちの仲間に囲まれていることは、これ以上なく幸せなことだと思いました。

「お母さんは、なのはなファミリーで摂食障害の回復を助けようと思っているのではない、ただ仲間集めをしているんだよ」
 あゆちゃんが話してくれたように、いつもその言葉を体現しているようなお母さんの姿があったから、こんなにも優しい世界があるんだなと改めて思いました。

 お母さんに会えたことは、私の宝物です。
 お母さんに出会えて初めて、女性として生きることに希望を持てました。
 なのはなに来るまで、私はなんで女の子に生まれてしまったんだろうと思っていました。
 女性というだけで、なぜか窮屈な感じがして、強くてたくましいことは好まれなくて、誰のために何のために大人になったらいいのか迷っていました。
 でも、お母さんに出会って、一人の女性として立ち、お父さんと寄り添って、なのはなのお母さんを全身で表現している姿に出会って、この世界にこんなにも美しい人がいるのかと思いました。
 お母さんみたいな女性がいるのなら、私は大人になりたいし、いつかお母さんのようなお母さんになりたいと思いました。

 お母さんにぎゅっと手を握ってもらって、優しいほうへ力強く引っ張ってもらって、今私はここで生きることができています。
 お母さんに笑顔を向けてもらうたび、嬉しさで胸がいっぱいになります。
 お母さんの存在が私を勇気づけてくれます。
 お母さんに会えて、本当に嬉しいです。
 いつも本当にありがとうございます。大好きです。