「大好きな気持ち」 よしみ

1月23日

○お母さんへ
 お母さん、お誕生日おめでとうございます。私がなのはなに来て間もない頃、甘えの強い私にお母さんは厳しく言ってくださいました。未熟でなのはなの考え方を何も自分に入れられていなかった当時の私は、そのときお母さんにビシッと言われたことにショックでお母さんが怖かったです。ですが、あのときも今までもずっとお母さんは本当の愛情を教えてくださっていたんだなということを、今は確信を持って言えます。当時の私は何も分かっていなくて、お父さんやお母さんにたくさん迷惑をかけてしまいました。すみません。

 お母さんはいつも、なのはなのみんなに、いっぱいいっぱい愛情をくださいます。お母さんの厳しさや強さは、みんなに対する愛情からくるもので、甘やかすことだけが愛情ではないと気づくことができました。甘やかして可愛がって、物を与えるだけ与えたり、自分の気分や損得で自由気ままに叱ったりする、そういう間違った愛情で育てられてきた自分に、お母さんは本当の優しさ、本当の愛情を教えてくださいました。

 私が行き場がなく絶望してしまっていたとき、お母さんは私に、「なのはなの、お父さんとお母さんの本当の娘になったら良いよ。」と言ってくださいました。私の手をにってくださったお母さんの手の温もりが本当に嬉しくて、あのときから私は自立していくことを決心し、少しずつ、少しずつですが、確実に自分の気持ちが変わっているのを感じます。お母さんに出会えて、娘にしていただいて、私は本当に幸せです。私もお母さんのように優しい強さを持った芯のある女性になれるように、なのはなで成長していきます。お母さん、いつも本当にありがとうございます。お母さんのことが大好きです。

○お母さんのお誕生日会
 午後の時間にお母さんのお誕生日会がありました。今日は土曜日で、お仕事組さんもみんないてくださり、りゅうさんや永禮さん、あゆみちゃん、ひでゆきさん、たけちゃん、のぞみちゃん、ゆりちゃんも来てくださってお母さんのお誕生日をお祝いできたことがとてもとても嬉しかったです。

 お母さんのお誕生日ランチはお仕事組さんが事前からメニューを考えてくださっていて、スペシャルメニューを作ってくださりました。食堂に入ったとき、どこかのレストランかなと思うくらい豪華で、このメニューを午前の時間だけで作ってしまうお仕事組さんはやっぱり本当にすごいなと思いました。ガーリックトーストやグラタンも本当に美味しくて、お母さんが大好きな大根をたくさん使った料理をいただけたことが嬉しかったし、昼食のあとに、お父さんが質問箱の質問にも答えて下さり、お話を聞かせていただけた時間もとても幸せでした。

 ランチ後のお母さんのお誕生日会では、袋小路突破隊や野菜時代、フレディ会議などお母さんのリクエストのあった演奏や寸劇を、パワーアップした状態でもう一度お母さんに見ていただきました。私も今回、脱ふわガールズのメンバーとして、『脱いで』を歌わせていただけたことがすごく嬉しかったです。お母さんのお誕生日会で歌うことが決まったとき、さくらちゃんがえみちゃんと私に「一緒に入って歌ってくれませんか?」と声をかけてくださいました。こんな自分を誘ってもらえたことが本当に本当に嬉しくて、やるからには一生懸命やろうと思いました。

 できるだけ毎日夜の時間に集まって練習していき、さくらちゃんを中心にどのような気持ちで歌うか、歌詞をみんなに聞こえやすいように歌うにはどう発音したらいいかなどたくさん考えました。ミーティング中はこの歌を歌うことで気持ちもスッキリし前向きな気持ちになることができました。

 今回は曲の最後の部分の歌詞をお母さんのお誕生日仕様に変更して歌わせていただいたのですが、実は変更することが決まったのは本番の前日の夜の練習時で、今日も昼食前ギリギリまで歌い方や歌詞を少しずつ変えた結果、午後の本番の歌になりました。歌い出す前や、歌っている途中もすごく緊張し顔が引きつってしまいそうになったけれど、目の前にお母さんがとびきりの笑顔で聴いてくださっていて、お母さんの笑顔を見ると自分も緊張がとけて、楽しんで歌うことができました。歌い終わったあとはみんなが拍手をしてくださって、自分も力を出し切ることができて本当に嬉しかったです。さくらちゃん、りんねちゃん、ひなのちゃん、えみちゃんと一緒に練習してきた過程も楽しくて充実した時間でした。
 
 そのあとは「袋小路突破隊」の「行き止まり」の演奏で、クリスマス会の時は見る側だったのですが今回はなのはなファミリー全員で歌うことになり、私もみんなの中で思いっきり叫んだり走ったり歌うことができてすごく気持ちが良かったです。
 特に私は「みんなで作ろうユートピア!!」と言ってみんなでジャンプするところが1番好きで、みんなと一つになって同じ方向を向いている感じがしました。

 こんなに叫ぶことは滅多になかったので練習のときももちろん楽しかったし、本番は伝えたい人が目の前にいて練習のときよりも更に楽しかったです。私たちが楽しんでいる様子をお母さんが喜んでくださっている姿がなによりも嬉しくて、みんなと一緒に表現できて幸せでした。

 野菜時代は年末の紅白のときから更にパワーアップしていて、前回と同じシーンがあってもやっぱり面白くて、終わってからもジワジワとくるくらいとにかく面白かったです。新しくけいたろうさんがメンバーに加わっていて、いつものけいたろうさんとは全く真逆のキャラクターがすごく光っていて素敵でした。みんなが役に完全になりきっていて、誰も恥ずかしそうな素振りは全く見せない、それが本当にすごいなと思って、みんながかっこよかったです。

 そしていよいよ今回のメインとも言える「謎解きゲーム」。謎解きゲームは昨年の5月のゴールデンウィークのときに初めてみんなと遊んだのですが、そのときもすごく楽しかったし、今日はもっともっと楽しかったです。天気は雨で外には出られなかったため、今回は古吉野内での謎解きゲームになりました。今日の謎解きゲームは前回よりもクイズの難易度が遙かに上がっていてそう簡単に解くことはできませんでした。

 私はみかちゃんチームで1問目のクイズから難しくて立ち止まってしまうほどでした。分からない問題もたくさんあって、そのときはヒントマンチャレンジでゲームにクリアしてヒントをもらったのですが、ヒントマンチャレンジもすごく面白くて、すぐにはクリアできないゲームもありました。ヒントマンチャレンジの内容で、魚の名前を漢字で書ければクリアというゲームがありました。実は私は最近『みをつくし料理帖』を読んでいて、ちょうど今呼んでいる巻が魚の名前がたくさん出てくるものだったので、「鱚」「鯛」「鮎」など私の頭の中にパッと浮かんできて、チームに貢献できたことも嬉しかったし、みをつくし料理帖を読んでいて本当によかったなと思いました。

 他にも国の首都を考えるゲームがあったり、私は誰でしょうゲームなどがあり、どれもとても面白かったです。アクティブ系のヒントマンチャレンジにはあまり行かなかったのですが、楽しそうなゲームがいっぱいあって、また後日にやってみたいなと思いました。また、謎解きのクイズでは、私のチームはふみちゃんが本当にすごくて、問題の紙を開いた瞬間にすぐ正解が分かるということがたくさんありました。それをいつも先頭を切って、ななほちゃんやまきちゃんが猛ダッシュして次の問題を取りに行っていて、みんなでダッシュしながら古吉野中をまわっている時間がとにかく楽しかったです。

 結果はみかちゃんチームは4番目にゴールすることができました。ゴールしてからチームのみんなで、「これは自分1人だったら絶対にゴールできないね-!」と話していて、私もなのはなのみんながいて、みんなで知恵を出し合って問題を解いていくことができるからゴールできるんだなと思って、今こうやってみんなと居られることが嬉しく思いました。

 お誕生日会の最後を締めくくるのはフレディ会議チームです。紅白のときよりも衣装も内容も更にパワーアップしていて、ゆきなちゃんという強力メンバーも加わり、お母さんのお誕生日仕様になっていました。1番びっくりして衝撃を受けたのは、あゆみちゃんとひでゆきさんとたけちゃんが眉毛とヒゲを付けて、サプライズでフレディチームに途中から登場したことです。たけちゃんはヒゲをつけてもやっぱり可愛かったし、あゆみちゃんたちのサプライズも嬉しくてありがたかったなと思いました。

 お母さんのお誕生日会は本当にあっという間で、ものすごく濃い3時間でした。自分が脱フワガールズとして歌ったのが遠い昔に思えるほど、とにかく楽しくて面白くて笑いっぱなしの3時間でした。お母さんにもたくさん喜んでいただけたことがとても嬉しかったし、こうやってみんなと一緒に表現したり、遊んだりできる機会を作ってくださって、自分も楽しめることがありがたいなと思います。
 改めて、お母さん、お誕生日おめでとうございます。お母さんのことが大大大好きです。これからもよろしくお願いします。

 読んでくださってありがとうございました。