「仲間」 えりさ

1月15日 

 

 午前中の後半にとんど焼きをしました。火を囲み、正月飾りや習字を燃やし、みんなで一気に正月にけじめをつけることができて嬉しかったです。

 私はなのはなに来る前は日本の伝統的な式たりにほぼ接点がなかったので、こうして毎年なのはなでとんど焼きや元朝参り、餅つき、節分の豆まきや夏の盆踊り、年中いろんな行事に参加させてもらって本当にありがたいです。自分も将来、子供ができたらなのはなで教えてもらった日本の文化を知ってもらいたいなと思います。

 私はとんど焼きで自分の書の他に未来ちゃんの「未来」と書いた抱負を燃やさせてもらいました。みくちゃんの書は火につけた瞬間から上に舞い上がり、みんなで「お!飛びそう!」と見守った時間が楽しかったです。青空へと飛んで行くみくちゃんの「未来」を見て、希望を感じました。

 

 午後は収穫とチーム作業。ミーティングが始まる前に全チームたくさんの作業を進めることができて、安心したし、快く明日を迎えることができて、嬉しいです。私は大根とカブを収穫をした後、アスパラ菜やセロリの生薬しました。今年のアスパラ菜本当に味が濃くて、Aチームのみんなの優しさを感じさせるほど、感動的に美味しいです。生薬していても、柔らかくて、すべすべしたアスパラ菜の茎や葉っぱに見惚れてしまいました。

 

 3時半ごろにたけちゃんを抱っこしたあゆみちゃんが干し芋のおやつを持って来てくれました。甘くて歯応えのある干し芋はとても美味しかったです。どう調理しても必ず美味しいサツマイモは強いなと思いました。

 収穫が終わると私はなおとさんと補充に回りました。暖かい中、チーム関係なく、たくさんの畑を回れてとても気持ち良かったです。ブロッコリー、水菜、白菜、キャベツ、大根、寒波中凍えていた野菜たちは今日すっかり元気にしていて、自分までパワーをもらいました。正直な野菜は本当に可愛いと畑に出るたびに思います。

 チーム作業の最後に、畑チームほぼ全員キャベツが植っている中畑に集結し、力を合わせてキャベツのビニールがけをあっという間に終わらせました。今日は本当に畑のチーム関係なく、お互いを助け合って作業を進めることができて、とても暖かい気持ちになりました。

 作業が終わった後、ゆいちゃんとさくらちゃんが修繕してくれた芽キャベツが在住するユーノスハウスを覗きに行ったのですが、隙間や天井の穴が全て綺麗に塞がっていて、本当にありがたかったです。

 今日はみんなで野菜を守り、明日は同じ仲間とミーティングを迎えることができて、本当に幸せだなと思います。

 

 夕食には河上さんがいてくださって、恒例の黒板の魚の絵がありました。クリクリしたブリの目がとても可愛らしく、みんなのために書いてくださった河上さんの絵が大好きだなと思いました。油が乗ったブリの照り焼きや午後収穫したばかりのアスパラ菜の副菜をみんなといただけて嬉しかったです。

 

 夕食後、さりーちゃんと廊下ですれ違った時、「私、来週から金時太鼓に入るんだ」と嬉しそうに言っていて、自分もとっても嬉しくなりました。新しいメンバーが増えた金時太鼓の演奏、自分も機会があれば見に行きたいし、太鼓をたたくさりーちゃんは間違いなくかっこいいだろうなと思い、楽しみが増えて嬉しかったです。

 寒波が治まり、勉強が一段落してから自分のなのはなでやるべき事、役割、課題がはっきりして、気持ちが晴れてきた気がします。ちょうどそういう今の時期からミーティングに迎えることがとてもありがたく、明日からみんなとゴロンとよくなれるようにできること頑張ります。