「あんなちゃんの積み重ねてきたものを」 りな

1月11日

 午前は、体育館やリビングに飾られていた成人式の飾りを片付けた後は、成人式の感想文を書く時間がありました。昨日の、暖かい気持ちに満たされた成人式を、もう一度思い出しながら、感想文を書くことが出来て嬉しかったです。私は、成人式フォトムービー撮影班として、数日間みつきちゃんとさりーちゃんのそばにいさせてもらいました。2人が新成人として決意を持って、幸せそうに輝いている姿を見ると、私もとても幸せな気持ちになりました。また、お父さんが成人式でお話して下さった地球温暖化のお話、夜の集合のお話を聞いて、私達にとっても、節目の日となる大切な日になりました。
 
 感想文を書いていると、どこからともなく、ウィーアーザチャンピオンを歌っている声が聞こえてきます。どこで流れてくるんだろう、ととても疑問に思っていました。その声の正体は、畑Aチームのみんなが、みつきちゃんとさりーちゃんのフォトムービー撮影をしている声でした。成人式が終わった今も、みつきちゃんとさりーちゃんとお祝いする暖かい気持ちが残っていて、ムービーを撮ることが出来るのが嬉しいなあと思いました。
 私も、Bチームのみんなで、玄関下の門松の横に一列で並んで、ムービーを撮影しました。みつきちゃんとさりーちゃんに、喜んでもらえたらいいなあと思って、心を込めて、言葉を言いました。

 午後は、あんなちゃんが教えて下さって、図書室で桃の勉強会に参加させていただきました。あんなちゃんが、1年を通した桃の手入れがまとめて書かれた資料を用意してくださっていました。とても気持ちが引き締まりました。

 あんなちゃんが、桃の概要から始まって、細かいところまで丁寧に教えて下さったことがとても嬉しかったです。なのはなで育てている桃の木は、102本もあるんだなあと思って、とても驚いたし、1本1本品種や成長具合の違う桃の木を見て、手入れをしているあんなちゃんが本当にすごいなあと思いました。

 桃の手入れは、四季に分かれて、4つの資料がありました。まず、冬の手入れから、あんなちゃんが丁寧に教えて下さりました。
 1つ1つの手入れの時期や目的、方法がとても分かりやすく資料にまとめられていたり、あんなちゃんが経験を踏まえて、たくさんの知識を丁寧に教えて下さりました。剪定に関してでも、日当りや風通しをつくるため、作業性をよくするためなど、目的は様々でも、一番に大切なことは、桃の身になって、桃が一番育ちやすいようにと心を使って考える事なんだと教えてくださりました。優しく、真摯に桃に向き合っているあんなちゃんの気持ちがたくさん伝わってきて、とても胸がいっぱいになりました。あんなちゃんに、桃のことを教えてもらえることが本当にありがたいことだなあと思いました。

 あんなちゃんが教えて下さることは、知恵や経験や工夫が積み重なって、本当にレベルの高い手入れや情報ばかりでした。あんなちゃんの桃への想いを強く感じたし、1年を通して、1日単位で桃を育てているあんなちゃんがとてもかっこいいなあと思いました。本当に、今日の勉強会がとても嬉しかったです。

 最後に、お父さんとお母さんのお話も聞かせていただけたことも嬉しかったです。あんなちゃんが積み重ねてきた桃のノウハウを、みんなで共有して、みんなで手入れをして、みんなでもっとより甘い、品質の高い桃をつくために知恵を出し合うんだと話してくださりました。あんなちゃんのこれまで積み重ねてきたことを今日教えてもらって、私もできる限り、これからの桃の手入れに力を尽くしたいと思いました。

 夜の集合のお父さんのお話しが、とても心に残っています。どんな時も、真面目に誠実に、泥臭く、全力で生きたいと思いました。常に100パーセント力を尽くしたいと思いました。今の私はまだ、甘えた気持ちが残っていると思いました。背負うべき責任を持って、目の前のことを精一杯で向かっていきたいと思いました。お父さんのお話を聞いて、とても勇気が出ました。

 明日も気合を入れて、精一杯頑張りたいです。