「大切に」 ゆい

1月10日

 さりーちゃん、みつきちゃんのなのはな内成人式が執り行われました。昨日の夜はあゆちゃん、まえちゃんと一緒にヘアメイクの予行をし、その後はお風呂で襟足を整えさせてもらいました。緊張も伝わってくるけれど、みんなの中でとても満たさされているような2人の空気を感じました。
 
 今朝は8時からヘアメイクがスタートしました。あゆちゃんとまえちゃんが丁寧にお化粧をし、ふたりの綺麗さがどんどん引き出されていきました。私もみつきちゃんのヘアセットを手伝わせてもらい、みつきちゃんの髪にふれながら念を込めてこてを握りました。ふたりは本当に瑞々しい美しさに溢れていて、大切にしなくてはいけない、ずっと大切にしていたいと感じる尊い美だと感じました。
 
 着付けに、村上さんが来てくださって、式にも出席してくださいました。式でお父さんがお話をしてくださったこと、日本中の新成人のみなさんや、もっと多くの人にも聞いてもらいたいと感じました。どんな視点で生きるのか。自分や家族だけ、自分の周囲のことだけを考えて生きるのでは地球を守ることはできないです。今から生きる自分たちは、地球レベルで考えて生きなければ、それが当たり前でなければけないと、襟が正されました。
 
 そして、さりーちゃんとみつきちゃんの謝辞では、等身大で素直な言葉に涙がでました。2人の言葉を聞けてよかった、と思いました。私は、2人より年齢が上だけれど、ふたりが安心できるような世の中を作る一員として役割りを果たせているだろうか。もっとしっかりしなくてはならないと思いました。大切なふたりの妹が、きらきらしていられる社会を作る1人でありたいです。
 
 夜にお父さんが改めて話をしてくださってみんなで拍手をしました。お父さんが格好良かったです。話してくださったことを全て自分の中に入れて自分のものにしたいです。今は、自分からあふれ出てしまっていっぱいいっぱいになってしまった感じがしています。
 布団の中で、お父さんが話してくださったことを反芻しながら寝ようと思います。
 大切なさりーちゃんとみつきちゃんを、家族みんなで盛り上げて、成人式ができたことは本当に良かったです。こんなに綺麗で可愛い大切な妹がいます。そして、2人を大事に思う、家族がいます。これは本当に素敵なことなのだと思いました。
 明日また、しっかり作文を書きます。