「成人する2人のために」 ゆきな

1月8日

 *成人する2人のために

 サリーちゃんとみつきちゃんが成人のお祝いフォトムービーのために、メイクをしているところをちらっと見る機会がありました。2人とも女優さんのように上品で、表情がくっきりしていて、時々見せる恥ずかしげな笑顔も嬉しかったです。仲間が成人を迎えて、お祝いができることが自分のことのように嬉しくて、2人にとっての今を美しく鮮やかに残せたらいいなと思います。だからそのために、できることをしたいです。

 午前も午後も古吉野体育館でする成人式に向けての飾りを作っていました。
 赤と白のお花紙でそれぞれお花を作り、赤なら赤で花の裏同士でくっつけてぼんぼりのようにします。それを赤、白、赤などの順番にテグスでくっつけ、ぼんぼりとぼんぼりの間には、あゆちゃんやゆりかちゃんが考えてくれた正方形の金の紙を貼ります。それらは、縦につるして垂らせるような飾りとなっています。
 
 お花紙だけでも可愛く、紅白でめでたい感じもするのですが、金が加わると大人っぽくなり、より飾り全体が締まった感じに見えました。お花紙に金色を加える、という考えは自分になくて、こういう使い方ができるのだと嬉しかったし、ちょっと手を加えるだけで見た目が変わってより引き立つものができまいた。あゆちゃんやゆりかちゃんがその場にあうものを、1番ベストな形で作ろうとする姿に気持ちが正されました。

 飾りは作ったそばからゆりかちゃんが体育館へと運んでくれて、体育館の飾り付け係がすぐその飾りを使ってくれました。リビングも体育館も活気ある空気、2人を思いながら今の過程を喜び合う前向きさに、外は寒波で寒いといいながら、ここはとっても暖かいです。

 体育館をみんなで見たときは、シンプルで可愛らしく、式にしっかりと馴染んで引き立てる飾り付けになっていて、自分たちで式場を作れるなのはなファミリーが誇らしいです。それに、ここでみんなでお祝いできることにさらに喜びがわき上がってきました。
 撮影の方も順調だそうで、そちらも楽しみです。

 また、明日の準備も力になれるように頑張りたいです。前向きに過ごせますように。