「心は温かくて幸せいっぱい」 なつみ

1月8日 

(わたしも早く、成人式を迎えたい)
 そう思うほど、成人を迎えるさりいちゃんと、みつきちゃんのフォトムービー作りは楽しくて、ずっと可愛くて、美人な人を見ていると、心が常にキュンキュンしてて落ち着いてなどいられなかったです。 みんなに「目を合わせられないくらい可愛い」「世界で一番綺麗」といっぱい褒めてもらって、恥ずかしそうに照れてはにかむ2人が、この上なく可愛かったです。 
「本当に綺麗で、見てて嬉しくなる」と、撮影してもらっているみつきちゃんを見て、さりいいちゃんは目を細めて言ってました。さりいちゃんの心が本当に綺麗で、そう感じられることが、何より素敵だと思いました。
 みつきちゃんも、「天使だ」とさりいちゃんに言っていて、自分のお化粧道具も惜しみなく貸し出して、「こうしたら可愛くなるんじゃないか」と、さりいちゃんのお化粧までしてくれていて、もう、優しさでいっぱいの2人が大好きだなと思います。
 外に出て、雪景色の中の撮影は寒かったので、撮影を終えた2人を、銀マットで囲んでみんなとギューっと包みました。寒さを忘れるくらいに2人を「世界で一番きれい」「目を合わせられないくらい可愛い」と、みんなで本音を言いまくって、照れた2人をみると、キュンキュンして「ありがとうございます」と言いたいくらいに可愛かったです。
 以上のことから、心はポッカポカ。寒くても、なのはなの子が集まれば、心は温かくて、幸せいっぱい。(わたしもなのはなで成人式を迎えたい)誰だってそう思うような、肯定的で、安心できる空気が常にあって、撮影も順調に進んで、明日も楽しみです。 
 みつきちゃんのシスターだったので、撮影班に入れてもらえたのだと思うのですが、みつきちゃんが撮影してもらっている姿を見ると、ジーンと、涙が出そうになって、(わたしは親か)と自分で自分に突っ込んでしまいます。今、みんなとたくさん話して、笑って、たのしそうに過ごしている姿、どんなことも、勇気をもって取り組み、進んでいく姿が、心の底から嬉しくて、自分のことのように誇らしいです。純粋で、温かい2人を、なのはなのみんなでお祝いできることが嬉しいです。 

 夜の集合で、人間関係にはバランスが大事だと学びました。お父さんが言っていた通り、自分と近い人と関係を取るのはそこまで難しくないと感じました。わたしだったら、力がいっぱいあって、元気で良くしゃべる人とは、気が合うんだろうなと思うし、実際合っています。そして知らず知らずのうちに、自分とはあまり似ていない人とはあまり話していないことに気づきました。それは悪いことではないし、だから自分を大きく変えなきゃとは思わないけれど、自分とは似てない人とも、心に余裕を持って、平らかに接することができたらなと思います。
 もし、なのはなを自立して会社を立てる仲間を誘うとしたら、1人は揺ぎ無いところで決まっています。そして、両想いじゃないけれど、向こうの子もわたしを1人に選んでくれているだろうと、勝手に都合よく思っています。
 きっと、もっとわたしの魂が磨かれたら、憧れの子に近づけるんだって信じて疑っていないし、どこかが似てるんだと思います。憧れの子に似てるって思うわたしの根拠のない自信を否定せず、どうか、温かい目で見守ってください。頑張ります。