「自画像」 しなこ

1月7日

 今日から大寒波ということで、みんなと室内で過ごしました。
 自画像を描いたりセブンブリッジをしたり、成人式のフォトムービーのチームも動き出していました。

 私は午前中に自画像を描きました。
 私の大好きな、お父さんもみんなも大好きな人に向けて自分の笑顔を描きました。
 絵を描くのは苦手だったのですが、とても楽しくて、嬉しい気持ちになりました。

 描く前に、お父さんに描き方を教えていただきました。線で描くのではなく、色の濃さで形を作っていくこと。顔の輪郭も光が強く当たっているところとそうでないところを表現していくことで形ができていく、ということを教えていただきました。
 2年生教室で、1人1つ鏡を持って、自分の顔を観察しながら描いていきました。
 鉛筆も、種類が豊富で、「F」の濃さの鉛筆を使うのは私は初めてだったので、鉛筆にも沢山の種類があるのだなと思いました。

 お正月の頭像作りのときもそうでしたが、最近は自分の顔を見ることに対して抵抗感はなくなったなと思います。自分の顔を観察していて、嫌だと思うことなく、それよりも、もっと笑顔の自分がいいなと思うことができて、自分を肯定できるようになってきたかなと思います。
 自分の顔は自分1人しかいないのだから、自信を持っていてもいいんじゃないかなと思います。神様からいただいた体で、今こうして生かしてもらっているのだから、ありがたいことだと思います。
 見た目よりも、心が大事だと思いました。心が美しくなれば、その分、身なりも美しく輝いていくのではないかと思います。
 デッサンは、難しかったです。自分は線で描きがちなのですが、陰影をつけていくことを意識して描きました。

 絵は自分の顔を描いているのですが、大好きな人に向けての笑顔で、大好きな人のことを思いながら描いていると、嬉しい気持ちになって、楽しかったです。
 今まで自分が描いてきた中では、結構いい感じに描けたのはないかと思います。
 自分の自画像の隣には、大好きな人へのメッセージも書かせてもらって、嬉しかったです。

 お正月の頭像作りや今日のデッサン、苦手でいつもなら苦になっているはずなのに、どちらも楽しかったです。
 どうしてだろう、と思ったとき、思ったのは、評価を気にすることなく作ったり描いたりすることができたからかなと思いました。
 小学校や中学校で授業でやった工作や美術は、成績にもつながって、自分の作品が周りと比べてどうか、と評価を気にして、上手くできない自分が嫌で、図工や美術が嫌いだったのだと思います。
 でも、なのはなでは、上手、下手の評価をされることはありません。
 お父さんに講評していただいても、「下手だ」と言われることは絶対になくて、その人のいいところを見つけてくれたり、「こうしたらもっと良くなるね」と教えてくださいます。
 だから、安心してどんなことにも取り組むことができます。
 だから、私も今回の美術系のことも楽しんでできたのだなと思いました。
 みんなの作品も、みんなそっくりで素敵な自画像でした。
 デッサンの時間が楽しかったです。

 午後はセブンブリッジをさせてもらって、なおとさんがサイコロを作ってくれて、そのサイコロには、「親のみ20倍」「最下位のみ50倍」「ダジャレで笑い飛ばす」「腿上げ20回」など書かれていて、毎回親がサイコロを振りました。
 最後に大逆転があったり、どうなるかわからないドキドキ感がおもしろかったです。

 成人式のフォトムービーチームもリビングで話し合いをしていて、さりーちゃんとみつきちゃんの姿も楽しみだなと思います。
 明日からはみんなでなのはな成人式の準備もするようなので、頑張りたいです。