「3日間」 えみ

1月3日

 今日はお正月遊び最終日。楽しい3日間がもう終わってしまうのかと思うと寂しいけれど、昨日のことがもっと前の日のことに思えるくらい充実していてたくさんみんなと遊べるのが嬉しかったです。

*頭像作り
 午前中には今年初めての企画だという頭像作りをさせてもらいました。1人500グラムほどの粘土が配られ、1人ひとり自分の顔を作るというものです。今回は「希望」がテーマで、それぞれが自分自身そっくりに、でも希望があるような感じを意識して制作していきました。
 今まで粘土は触っているとすぐに乾いてきてぱさぱさし扱いにくくなってくるイメージがあったけれど、今日使わせてもらった粘土は最後まで水気があって使いやすかったです。

 私は最初頭の形を作るところまでは何とか納得できるものにできたけれど、どうしても目と口をどうやって作ったら似るのか最後まで分からなくて試行錯誤しているうちに時間になってしまいました。もしかしたら、そうやって形を作るのが難しいと感じたところは普段の自分の表情にも出てしまっているのかもしれないと思いました。実際私は普段自分では笑っているつもりでも、写真で見るとほとんど真顔に近かったりして、みんなに見せる表情を作るのが苦手です。これからはもっと目や口元を意識して希望のある自分を演じたいなと思いました。

 2時間の制作時間が終わった後、みんなの頭像を見させてもらった時間は、それぞれの人のまた違った一面を知ることができた感じがしてすごく面白かったです。
 目や口の作り方、髪の毛の付け方から色々で、芸術的な人もいれば写実的な人もいました。
 私の中ではまことちゃんとかにちゃんの頭像が印象に残っています。まことちゃんは自分の顔を見ながら頭像を作っている最中に自己肯定して「いいぞ、いいぞ」と自分をほめながらやったという話を食事のコメントで言っていて、それがそっくりそのまま顔の表情に出ていました。すごくにこやかな表情をしていてどこかに飾っておきたいほど可愛かったなと思いました。また、かにちゃんの頭像はかにちゃんがステージに立っている時の笑顔が上手に表現されていて、顔の凹凸などでそっくりに似せられていたのがすごいなと感じました。

*こま回し&羽付き大会
 午後には体育館にみんなで集まり、コマ回しと羽根つきをしました。
 私は、こまの方は小さい頃に結構練習していた記憶があって木ゴマもアルミゴマも回せたのですが、手回しゴマと糸引きゴマは初めてで新鮮な遊びでした。手回しゴマは最初回せなかったのですが、実行委員の人たちにコツを教えてもらって何とか回るようにはなりました。手回しゴマは起き上がりゴマともいわれているそうで、一旦軸の棒が上向きで回ってもしばらくすると自然に反対向きになってそれがすごく不思議で面白かったです。

 練習時間の後には、チーム対抗でそれぞれのコマで3試合ずつ、誰のコマが一番長く回っていられるかの対決をしました。私はなおとさん、えりさちゃんチームだったのですが、なおとさんとまっちゃんがコマを回すのがとても上手くて、試合でも上位に入っていました。結果として何とコマ回し大会では1位になることができて嬉しかったです。

 2種目目は羽根つきでした。羽根つきは小さいこともほとんどやったことがなくて、練習時間ももらえたけれど最初の試合では18回しか続きませんでした。けれど、回数を追うごとに着実に進歩していって最後は60回まで到達することができました。同じチームの中ではなおとさんとえりさちゃんペアがすごく上手で、低い体勢でどちらも板を持っていない方の手を膝に乗せた姿勢でひたすら打ち続けることができていてかっこよかったです。

 この2人は、最後の名人戦では一度も羽を落とさず2分間で何と225回まで行っていてすごいなと思いました。
 羽根つきでは、試合で負けると相手チームからの墨入れが待っています。最初の2試合くらいは連続で勝って、絶対に墨入れされたくないと思っていたけれど、3試合目で今回の優勝チームだったのりよちゃんちさとちゃんチームに負けてしまい、顔に墨汁で書かれてしまいました。けれど一度墨入れされたら後はどうでも良くなって、みんなでお互いのメイクを見せあいながら楽しんでいたなと思います。

 今回のお題は舞台メイクということで、アイラインやひげ、星など色んな模様の墨入れがありました。最後にはみんなで記念撮影もさせてもらって、1年に1回しかできないことだなと思って嬉しかったです。
 
 夜には昨日に引き続きセブンブリッジ大会がありました。最初の3試合は昨日の時点で最下位と4位だったピンクチームと赤チームは得点10倍制度があったりして、今回も大荒れでした。途中あまりにも点差が開いてしまったということで青チームを何とか救済してあげようと青チームにはおみくじを引けるチャンスがあったけれど、1枚目のそれは「モーモー牛からの応援」で予想外の展開でした。

 私たちのペアは前半も後半もびっくりするくらいカード運が回ってこなくて、結局1,2回ぐらいしか上がることができませんでした。前半はかなり失点してしまって他のリーグでも一発上がりなどをして喜んでいる人があまりいなかったのでビリかもと不安だったのですが、なぜか全体では1位ですごく驚きました。

 今回の罰ゲームは○○の「ん」ゲームでした。この間子供組のみんなでやって楽しかったのでまたみんなでやりたいねという話をしていて、今日もすごく盛り上がれてよかったなと思いました。
 家族そろって三が日思い切り遊び、思い切り笑うことができた時間が本当に楽しかったです。今年も1年、いいことも悪いこともあると思うけれど前向きに頑張りたいです。

 読んでくださりありがとうございました。