1月4日(月)「次へつなげて、日常へ ――年末年始のまとめ & 畑作業」

1月4日のなのはな

 楽しかった三が日はあっという間に過ぎ去り、今日の午前は、お正月遊びとおせちづくりのチームで集まって、まとめや片づけをしました。

 年末から、三日の夜まで、毎日のように集まって、みんなに楽しんでもらうために、自分たちも楽しんで遊びを作ってきたチームです。このチームで集まることも、今日で一区切りです。
 
 私のチームは、遊びはセブンブリッジ、おせちづくりは白菜サラダと伊達巻を担当しました。
 良かったこと、反省点、基本的な順序や、準備物、メンバーの役割、タイムスケジュール……。遊びやおせちづくりまで振り返って、一つひとつ書き出していきました。
 この資料は、来年の実行委員が読み、今年よりもさらにいいものを作っていくための足掛かりとなります。
 文章にしてまとめることは、経験から得た学びを次の人へつなげるために、とても大切なことです。今までも、毎年まとめを残して、なのはなの伝統的なお正月は続いてきました。

 

P1040008

 

 十何年も、先輩たちから積み重なってきたお正月の遊びや、おせちづくりがあるから、私たちは心から安心して、豊かな気持ちで、思う存分お正月を楽しむことができます。
 今年も、新たな頭像作りが加わったり、少し変わったことはありましたが、本当に楽しかったです。

 片付けもしましたが、まだ15日までは松の内。しめ縄やお正月飾り、みんなの抱負を書いた習字は飾ったままで、古吉野にはお正月の空気は残っています。
 このときは、遊びで使った道具を、きちんとあるべき場所に片付けました。今回新たに制作した小道具は、紙袋にひとまとめにして、封をして、中身がわかりやすいように札を貼って、教材室にしまいました。
 いつか誰かが、思いもよらないようなときに使う、ということはよくあります。よくできたものは、捨てずに大切に保管しました。

 三が日が終わってしまったことは、やはりとても寂しいです。
 けれど、こうしてけじめをつけて、心残りなくまとめや片づけができたことは、とても嬉しかったです。
 普段の生活でも、一つひとつやるべきことにけじめをつけて、行なっていきたいと思いました。

(りんね)

 

***

 

 午後には、久しぶりにみんなと畑に出て、野菜の収穫や細々とした作業を進めました。
 三が日はほとんど畑に出ていなかったので、今日が今年初の収穫でした。Aチームでは、今日はホウレンソウ、セロリ、水菜、アスパラ菜、春菊の収穫をしました。

 

P1040003

 
 昨日までは日中も寒かったのですが、今日はとてもポカポカとした陽気で作業していても気持ちが良かったです。朝見ると野菜たちもかなり寒そうで、中には凍ってしまっているものもあるのですが、昼間見ると太陽を浴びてぴんとしていて、そんな姿を見ると自分まで元気になれたなと思います。

 私はさくらちゃんとさやちゃんと一緒にアスパラ菜の収穫をしました。今日は今までで一番たくさん穫れて、4.9キロもの収量がありました。1人2畝分くらいでも収穫カゴあふれんばかりになり、お花畑で綺麗な花に囲まれているような感じがして嬉しかったです。

 

P1040001

P1040002

 
 収穫の後には残った時間でチームに分かれて野菜の手入れをしました。
 ハウスの中は湿気がこもりやすいこともあり、アスパラ菜を中心にカビが少し来てしまっているため今日はその葉や茎を広がらないように摘み取るということをしました。撤去しなければいけない株も少しあって心苦しかったのですが、これ以上広がらないようにと早めに対策を打てて良かったなと思います。アスパラ菜は上手くいけば春まで取り続けることができるので元気な状態を保てるようにしっかりと見守っていきたいです。

 

P1040006

 

DSCN99051
〈ハクサイも収穫しました〉

 
 他のチームさんも、キャベツやブロッコリーなど色んな畑で手入れをしていてどこに行ってもみんながいて活気のある雰囲気が嬉しかったです。
 お正月3日間をみんなと遊びつくしたので、今年1年また畑でも頑張っていい野菜をたくさん育てられるようにしていきたいです。

(えみ)