1月2日(土)「事始め、書き初めと百人一首&波乱のセブンブリッジ第1夜」

IMG_0495

教室のドアをあけると、きれいに並んだ机と習字セットが……。
年に1度、書初めをするときに久々に再会する墨と筆を見て嬉しくなりました。
墨汁の独特の香りが、心が静まり清らかな空気になる感じがします。
日本人でよかったと思える書道という文化は、なのはなに来るまであまり経験することがなくなっていました。
なのはなファミリーでは事始めの2日に書き初めをします。
顔真卿の字を習いひとつ決められた字を書きます、そして今年の抱負を一人ひとつ書きます。

IMG_0423

今回のお手本の字は、顔真卿の「有情」です。有情とは、命あるもの。主に人間をさし、
対義語には「無情」という言葉がある、とお父さんが教えてくれました。

『有情』という字には、どちらも肉付きがついており、最後のはねが重要です。
始めにお父さんが、止めやはね、はらいを顔真卿の書き方で説明してくれました。
私は今まで、止めはねの書き方が間違っていて、初めて気づくことができてうれしかったです。
      
それから、ポイントを踏まえたうえでお手本を何度も見て真似しました。初めて書く字になれるのは難しいけれど、こんなときこそ自分を捨てることが大事だと思いました。
顔真卿を演じる気持ちで書くと、以前よりも止めはねが書きやすくなったのを実感して嬉しかったです。

IMG_0462

IMG_0430

『有情』を清書したあと、今年の抱負を漢字で書きます。抱負の字は、元旦に元朝参りに行ったとき、「これしかない!」という字が浮かびました。
「尽くす」に「力」で「尽力」です。調べると、ほかの人のために力を尽くすこととあり、今年はこのことを抱負として1年を過ごしていきたいと思いました。

書初めが終わり、リビングを見るとずらりと並ぶみんなの書初め。みんなの字や、名前を見るのが新鮮で、見ていても楽しいなと思いました。
毎年、書初めをすると新年が来たと思い、身が引き締まります。
日本の心を忘れずに、これからも書初めに限らず、お正月の遊びを経験し、その心を理解して、まだやったことない人や、これから出会う誰かに伝えられるようになりたいと思いました。

(さき)

***

IMGP9874

新年2日目は午前午後でチームを交代しながら、百人一首と書き初めをしました。

百人一首では、3つのゲームをして、最初は散らし取りでした。札を広げたら自分が好きな札、覚えている札の場所を確認していきます。
歌が詠まれ始めると、みんなが一気に集中して札を探しているのを感じて、それより速く見つけなくちゃ! と必死でなめるように場を見て札を探します。

IMGP9740

IMGP9758

試合をしているチームのなかで順番に読み手を回しながらやるので、私は自分が読み手の時に、自分の好きな歌が出てしまいませんようにとハラハラしていました。
読み手のときには冷静になるためか、なぜか取り札がすぐに目に入ったりして、チームの人に(あそこにあるよ、取って!)と念を送ったりしていました。

自分が取る番が来たら、好きな札でいつでも飛び出せる準備をして、待っていました。そこまでして待っていたのに、同じ札を待っていた人がいて取られたときもあって、もの凄く悔しかったです。
食事の席でお父さんが解説してくださった歌などは、詠まれるとみんなが「お!」という感じで気合いを入れて探したり取りに行ったりしていました。

IMGP9835

2ゲーム目は青冠。1試合を2チーム4ペアで闘いました。読み札を青冠とか、縦烏帽子とか、いつくかの種類に分けて、前の人が出したのと同じ種類の札を出すというルールで、25枚の持ち札がなくなったらあがりというゲームでした。仲間のペアがあるので、そのペアといかに協力してチームとして勝つかがポイントでした。

そのペアに目配せやジェスチャーをして、(あの札がないよ)と伝えたり、ペアが持っていない札を率先して出して、敵がそれを出せないようにしたり、自分がもってない札を敵に悟られないようにしたり、敵や味方の持ち札を予測したり、チームワークが必要な頭脳戦でした。

IMGP9871

私のチームは、1試合目は(坊主は出さないで!)というのをペアに伝えるのに頭を撫でつけて首を振ったりしてみたのですが、上手く伝えられなくて負けてしまいました。
2試合目は、自分が持っていない札を味方のペアが分かってくれて、上手く札を出してくれて、そのお陰で持ってない札をばれないようにすることができて勝つことができました。初めて青冠でチームプレーがすごく上手くいった気がして嬉しかったです。

IMGP9960

3ゲーム目は坊主めくり。蝉丸を引いたら引いた人以外は手札を場に出さなくちゃいけないルールでやりました。
序盤は坊主が出ても平気なのですが、中盤以降は、持ち札が増えて、坊主が出たときに失う札が増えていくので、めくるときに気合いが入りました。
私のいたリーグでは、まえちゃんチームのみんなが坊主を出して捨てた札をどんどん持って行って、84枚も獲得して優勝でした。

IMGP9921

IMGP9974

IMGP9812

同じ回、別のリーグでは、まえちゃんチームのちさちゃんたちが、ラスト1枚で蝉丸を引いて持ち札2枚で優勝というドラマチックな試合を繰り広げていました。どんでん返しありのゲームが面白かったです。使うものは百人一首のかるただけなのに、記憶力と瞬発力、思考力、チームワーク、運、全部使ってのゲームが出来て、すごく楽しい時間でした。 

(のん)

***

IMGP0002

荒れた、荒れた、古吉野が荒れた。
お正月遊び2日目、セブンブリッジ第1夜の場は大荒れだ。
一発上がり、千点超えの応酬。
高い山からあれよあれよと深い谷へ、
と思いきや、隣のリーグでチームの仲間が大勝利。

IMGP0009

これはもはや、人智を超えた現象だ。
人の力ではないとしたら、一体なんの力が働いたのか?
それはもちろん、丑年の力、モーモー神社の神様の力です。
リビングに現われたモーモー神社の鳥居。そして幸運の牛たち。
セブン牛に一発上がり牛、鳴き牛に、ジャージー牛、ではなくジョーカー牛。
モーモー神社の牛たちが、私たちセブンブリッジのプレイヤーに、
運気を授けてくれます。

(今夜は、一発あがりできそうな気がしてきた!)
とてもいい予感を抱いて、ゲームは始ります。

IMGP0016

私はピンクチーム。前半は黒毛和牛リーグにて戦います。
1試合目、さっそく不可思議な出来事が。
手元のカードには、7とジョーカー! も~いい予感が的中。
1試合目にしてさっそく一発上がりという幸運に恵まれます。
しかし喜びも束の間。
ペアの子と興奮しながら、次のゲームに向けてカードを集めてシャッフルをはじめます。

「……ん?あれ、点数数えたっけ?」
そう、私たちは、みんなの点数を数える前にカードを混ぜてしまったのです。
1試合目は無効。仕切り直しです。も~、なんてこったい。

その後も、各リーグから、一発上がりの歓喜と悲鳴が次々にあがります。
同じピンクチームの仲間が3000点の大勝利という情報が入ったと思ったら、同じくピンクの仲間が倒れ込んでいる姿が目に入る。
そして私たちペアも、無効になった1回戦以降、一度も上がっていない。
これは、雲行きが怪しくなってきた。

IMGP0046

でも、大丈夫。負けが続くと、モーモー神社の神主さんが、お祓いをしてくれます。
このお祓いがまた効果てきめん。
同じリーグのあんなちゃんがお祓いをしてもらった直後の試合であがったのです。
さすがはモーモー神社。私とまりなちゃんもさっそくお祓いをしてもらいます。
自分の力ではなく、モーモー神社の神様が助けてくれると思うと、まだまだ挽回はできるという気持ちになります。

IMGP0020

黄色チーム大きくリードをして、前半を折り返します。
リーグを変えて、いざ後半戦へ。
セブンブリッジは、二夜連続です。
この点数は、明日に持ち越し、2日間の総合得点で順位が決まります。
それならば、運気が来るまでは、地道にマイナスを減らしていこう。
大きなマイナスでも諦めてはいけない。わずかな差が、明暗を分けるのだ。
マイナス500より、マイナス400を目指そう。謙虚に行く作戦です。
するとあら不思議、モーモー神社の神様が微笑み始めてくれます。
小さく小さく、上がりを1回、2回と重ねていきます。
そのついに、私たちにも来ました。ついに一発上がりが。
800点台のプラスが舞い込みます。嬉しい。これは嬉しい。
これ以上は望まない。さあ、あとはいかに負け(マイナス)を少なくして
後半戦を終えるかです。

IMGP0057

後半戦最後の試合は、チーム間の点差が開いているということで、
点数5倍というビッグチャンスです。
この夜一番の歓声がリビングに響きます。
お父さんお母さんペアも、このラスト5倍の試合で一発上がりをします。
ということは5倍×2倍、各ペアの得点が10倍になって加算されます。
お父さんお母さん率いる赤チーム、これで順位をどこまで上げていくか。
私たちピンクも、後半はどのペアも盛り返しました。
前半倒れ込んでいたゆいちゃんも、最後のゲームで見事あがったもよう。
これは順位アップに期待ができる。

さて、になる第1夜の順位は。
ジャカジャカジャカジャカ……ジャンッ!

1位、黄色チーム!
2位、オレンジチーム!
3位、青チーム!
4位、赤チーム!

そして僅差で5位は、我らがピンクチーム!
モ~~モ~~~モ~~~~。
明日はモ~これ以上引き離されないぞ。
セブンブリッジの戦いは、明日の夜に続きます。

(なお)