1月1日(金)「2021年元日を迎えて ――元朝参りと獅子舞&お正月遊びスタート」

1月1日のなのはな

 新しい年の始まり。なのはなの元旦は、みんなで作ったおせちと、お餅が入ったお雑煮から。年が明ける実感がないまま年末を走り抜けて、ぐっすり寝て、この朝食を迎えると、ようやく新しい年になった、という感覚がじんわりと感じられます。

 それをいただいたあとは、お屠蘇。長幼の序で歳の順にお父さんお母さんに新年の挨拶と抱負を言って、お屠蘇をいただきます。みんなが抱負を述べている姿に、自分もここで宣言したことをきちんと実行していく1年にしよう、と気持ちが引き締まったり、それを受け止めるお父さんとお母さんの表情や言葉にあたたかい気持ちになりました。

 

IMGP9590

IMG_9463

IMGP9606 IMGP9609

 

 全員が抱負を言い終わった後、お父さんのお話を聞きました。生きにくさを抱えて摂食障害に限らず症状的なものを出しながら生きる人が増えた世の中で、なのはなファミリーは、どう生きたらいいのか、どうしたらその苦しさから解放されるのか、その答えを示す存在になっていかなくちゃいけない。今大きなマイナスを抱えている人は、それを変えることを諦めなければ、変わったときにどうやって変わることができたのかを伝えられるから、世の中にとって大きな資産になる。

 改めて自分の生きていく意味、自分の苦しさと向き合う意味を感じました。なのはなファミリーがそういうところを目指して進んでいく集合体で、自分がその一部であって、引っ張って引っ張られて進んでいく存在なんだということを再確認しました。

 そのあとはみんなで元朝参りに行きました。時々雪が落ちてくるけれど、気持ちよく晴れていて、歩いていると顔に当たる冷たい風が心地いいくらいでした。空気が澄んでいて、お屠蘇のときの澄んだ気持ちに合わせて体も新鮮な空気に晒されて、心も体も新年の新しい空気に満たされていくみたいに感じました。年末は本当に走り抜けたので、道中ゆっくりとおしゃべりしながら歩くのが久しぶりな気がして、それも嬉しい時間でした。

 

IMGP9644
〈雪の那岐山を遠くに眺めながら、田んぼ道を歩いて諏訪神社へ向かいました〉

 

IMGP9655

IMGP9666

IMGP9673

 

 なのはなで新年を迎えさせてもらって、日本ならではの風習を自分の当たり前にできること、引き締まった気持ちで新しい年を始めさせてもらえることがすごくありがたいことだと思いました。今日の気持ちを忘れないで1年過ごしたいと思います。
 
(のん)

 

IMGP9705
〈玄関で集合写真を撮りました〉

 

 

***

 

IMG_9780

 太鼓と笛の音色に合わせて、むくりと立ち上がり、頭を振り、肩をいからせる2頭の獅子。
 午後3時半に、美作の国一宮 中山神社御祭禮神事保存会の方々が見えました。なのはなをいつも応援してくださっている、永禮さんが会長をされています。なのはなのお正月に毎年、駆けつけてくださる獅子舞が今年も古吉野なのはなにやって来ました。

 

IMG_9765IMG_9762
IMG_9757IMG_9778
 

 二頭の獅子はそれぞれ金の歯と黒の歯を持っており、金の歯はオス、黒の歯はメスです。二頭の獅子が身体を揺らしながら猛々しく踊る動きが面白く、その勇ましさに、これからの1年を清めてもらい、見守ってもらえる気持ちになりました。無病息災を願い、一人ずつ、頭を噛んでいただくこともできました。

IMG_9855IMG_9863

IMG_9879

 

 獅子舞のあとにはサプライズで、永禮さんと保存会の方々が、イントロクイズコーナーを開いてくださいました。なのはなでこれまで演奏してきた曲の冒頭が一瞬だけかかり、それが何の曲かを当てる、というクイズです。これまで練習してきて聞いた音が身体にしみこんでおり、たった1秒も流れないときでも、何人もの手が勢いよく上がりました。正解した子には永禮さんが、作業用手袋やペンをプレゼントしてくださいました。

IMG_9898

IMG_9897

IMG_9892

 永禮さん、中山神社御祭礼神事保存会の方々が、私たちのお正月を笑顔で祝ってくださり、とてもありがたく、嬉しかったです。

 

IMG_9958
〈保存会の方々に管楽器アンサンブルの演奏を聞いて頂きました〉

 

 

***

 

 あけましておめでとうございます。元日の午後は、お正月遊びのトップバッター、二人羽織豆つまみ大会が開催されました。

 会場はリビングで、昼食後に全員集まりました。リビングのコルクボードには、「賀正」と書かれた大きな紙が、黒板には、赤い布に金や銀の水引の豪華なお飾りが飾られていました。いつものリビングとは違う、新鮮な空気がすがすがしく、今年も、家族のみんなでたくさんのことを体験するんだろうなあと思って、ワクワクした気持ちになりました。
 
 さて、実行委員で遊びの進行をしてくれるのは、なおとさんチームとえりさちゃんチームのみんなです。今年は丑年ということで、牛が出てくる面白いオープニングの歌から始まりました。

IMG_9618

 

 私は、のりよちゃんチームに入らせてもらいました。チームは全部で5チーム、最初は二人羽織豆つまみノーマル戦を行ないました。
 ルールは、チームの中でペアを6組作ります。1回戦に1ペアずつチームを代表して競います。全部で6回戦します。
 
 ペアのうち、1人が目隠しをして羽織を着て、箸を持ちます。もう1人の人が、背負うようにして羽織った人の羽織を両手でつかみます。この人は、お箸を持つ人の目となり、豆の位置を知らせる役割になります。

 私は、のりよちゃんとペアになって、羽織って箸で豆をつまむ人になりました。二人羽織豆つまみをするのは初めてで、ワクワクしました。出番が近づいてくると、どんどん緊張しました。

 
 トレーの中には、点数の高い順に、黒大豆、落花生、白大豆、小豆が入っていました。そして、今年が初登場のサチャインチナッツも入っていました。サチャインチナッツは、金、銀、銅に色塗られた3種類が1つずつ入っていて、金のサチャインチナッツは1粒30点の高得点でした。でも、ツルツルしていて平べったく、つかみにくいものでもありました。私は、ペアののりよちゃんと、落花生と黒豆を狙う作戦でゲームに臨みました。

IMG_9687
〈金のサチャインチナッツは、金メダルならぬ金サチャルという名前でした〉

IMG_9679
 
 目隠しをして、羽織を着て、箸を持ちます。普通の豆つまみは好きで、得意な方だと思っていたけれど、目隠しをした瞬間に、手の感覚が分からなくなりました。どうにか、手を使って箸の先を揃えました。

 ゲームが始まると、のりよちゃんが的確で確実な指示をしてくれました。「もう少し右!」「もう少し上!」「掴む!」と、のりよちゃんの言葉を信じて、精一杯手を動かしました。豆をつまんでいるか、つまんでいないのかさえ分からなくて、こんなにも難しいんだ! ととても驚きました。

 でも、同じチームのみんなが、「やったー!」とか、「その調子!」とかけてくれる声が聞こえて、ちゃんと豆がつまめているんだな、とほっとしました。同じチームのみんなのかけ声や、ペアののりよちゃんのかけ声が、励みになりました。

 結果は、落花生が3つと、白大豆が2つつまめていました。点数は小さかったけれど、少しでもチームに貢献出来て嬉しかったです。

 

IMG_9663
〈どのチームからも真剣な声や歓声が行き交います〉

IMG_9649
 
 二人羽織豆つまみの勝利のカギになるのは、2人の息をそろえることだなあと思いました。お箸を持っている人は、目になってくれる人を、完全に信じきること、目になる人は、豆をつまむ人を焦らせない、心遣いが必要なのかなあと思いました。他のチームの人も観戦することが出来て、お父さんお母さんチームで、やよいちゃんとゆりかちゃんペアが一心同体になってどんどんサチャインチナッツや豆をつまんでいくのがすごいなあと思いました。

IMG_9697

IMG_0059

 2戦目は、チーム名人戦でした。各チームから、最も優秀なペアを1組選んで、トーナメント戦で行います。どのチームのペアも、とても上手で、私のチームは負けてしまって少し悔しかったけれど、観戦するだけでもドキドキして楽しかったです。

 最後の試合は、豆つまみリレーでした。これは、目隠しや二人羽織をしないで、ガチンコ豆つまみのリレーバージョンです。トレーが2枚、机に並んでおかれていて、トレーの中には、落花生、黒豆、小豆、白大豆が数個ずつ入っています。この豆を、リレーで一番手の人から横のトレーに全て移します。移すことが出来たら、箸を次の人に渡して、また、豆をトレーに戻します。これを繰り返して、どんどんお箸のバトンを繋いでいきます。

IMG_0237

IMG_0157
 
 これも、トーナメント戦で戦いました。2つのチームが横に並んで、スタートの合図と同時に始まります。なおとさんの実況中継も入って、さらに焦った気持ちになります。焦ると、普段はミスをしないのに、豆がはじけてトレーからも机からも飛び出し、カーペットに落ちる事態もあったり、豆がトレーの中でツルツルと逃げ出したりして、とてもハラハラしました。
 
 冷静な気持ちで、豆をつまむことが大切でした。チームのみんなで、「お箸は手渡しして、移動の時間を短縮しよう」とか、「お箸を持つ手を、少し下の方にして、ちゃんと豆をつまむ力が入るようにしよう」など、色々作戦を考えた時間も楽しかったです。チームみんなで勝ちにこだわって、気持ちを揃えました。どんどんチームに団結力が出てくるようで、豆つまみリレーがとても嬉しかったです。

IMG_0304

 最終結果は、4位がしほちゃんチーム、3位がひろちゃんチーム、2位がお父さんお母さんチーム、1位がのりよちゃんチームでした。いつの間にか、1位になっていてとても嬉しかったです。最下位はまえちゃんチームで、二人羽織をしてお題のジェスチャーをする罰ゲームを披露してくれました。
 羽織を着る人が手を使って、背負っている人が表情を使って、ジェスチャーをしてくれました。2人で息を合わせて表現しているみんながすごく楽しそうで、見ている私達も嬉しい気持ちになりました。

 豆つまみリレーは、初めてのルールだったけれど、見ていてもゲームをしていても楽しくて、来年もやりたいなあと思いました。ルールを考えて、進行をしてくれた実行委員さんに感謝したいなあと思いました。家族みんなで二人羽織豆つまみ大会ができて嬉しかったです。
 
(りな)

 

 

***

夜は新年ライブがありました。

「1月1日 夜のなのはな」新年ライブの様子はこちらでお伝えしています。

 

IMG_0393