「お餅つき」 ななほ

12月26日 土曜日

・電動餅つき機のプロに

 餅に待った、お餅つき大会。朝食前から須原さんの姿もあり、中島さん、永禮さん、河上さんにおじいちゃんも来て下さり、家族みんなでお餅つき大会ができて嬉しかったです。年に一度のお餅つき大会。昨夜、あゆちゃんの放送で集まった時、電動餅つき機の担当をさせて頂けることになってとても嬉しかったです。

 電動餅つき機には小さなプロペラのようなモノが1つしかついていないのですが、蒸しあがったもち米を投入し、スイッチオンすると、とっても滑らかに可愛くお餅が回ります。河上さんやなるちゃんと一緒に電動餅つき機でお餅をつかせて頂いて、河上さんが蒸し布を外してくれて、しゃもじを使いお米が50度前後になるくらいまで、お米を切りながら冷ましたり、お餅を見ているだけでも嬉しくなりました。

 お餅から時々、しっぽやまあるい鼻が出て、白うさぎの様で可愛かったり、なっちゃんが「魂だよ」と話してくれて、小さな希望が集まって1つのお餅になっているようで、真っ白なお餅を大切に頂きたいなと思いました。

 なのはなに来るまでお餅つきもテレビなどで見るイメージでしか知らなかったので、外でみんなが「よいしょ、よいしょ」「1、2、3!」とお餅をついている姿を見ると、私まで満たされたような、暖かい気持ちになります。お米を切るように冷ましたり、混ぜるのも、なのはなに来るまでしたことが無かったのですが、本当に1から基本の事、常識を教えてもらえるのが嬉しくて、日本人としてのモラルや伝統的な事までをなのはなファミリーで教えて頂き、大人になっていけるのが嬉しいなと思いました。

 途中、お母さんが来て下さり、「ななほ、ちゃんと河上さん達に教えてもらって、来年からは1人でもできますと言えるように覚えてね」「ここに、ななほって書いておこうか?」と笑って言っていて、去年してちゃんと日記も書いていたので、やり方や手順は覚えていたのですが、細かい加減や蒸すタイミングと混ぜるタイミングなどを再確認させて頂けて嬉しかったです。本当に来年からは1人でもできるように、電動餅つき機のプロになって新しい子や、初めての子に伝えられるようになりたいなと思います。

 今日も後半で、1度だけ河上さんとなるちゃんが居なくても電動餅つき機を使ってお餅をつく事ができて、なおとさんやゆきなちゃん、みんなが集まってきてくれたのが嬉しかったし、電動餅つき機を使いながら、どのタイミングで水をちょろちょろとかけるのか、どうしてこういう風にするのかなどをみんなに伝えることができたり、質問に答えることもできて、みんなに助けてもらいながら一緒に作業ができて嬉しかったです。

 豆餅の時は私も1度だけ外でお餅をつかせて頂いて、私から始まったのでどんどんテンポを阿吽の呼吸で速めていくと、永禮さんに、「第2の負けず嫌いが登場」と言われてしまい、少し恥ずかしいような、でもその通りですと言うような気持ちになりました。お昼にお父さんが、「お餅つきをする時は、腕力とコミュ二ケーション能力が必要」と話して下さり、なのはなで鍛えた体と心があったら大丈夫と思いました。

 永禮さんや中島さん、りゅうさんの勢いのある掛け声を聞いているだけで、お正月の気分になったし、こんなに素敵な家族がいてくれて幸せだなと思いました。お餅を丸める時にあゆちゃんが世界で一番スベスベな丸餅を作る方法を教えてくれて、また来年もチャレンジしたいなと思ったり、なるちゃんと片付けをしたり、配膳のヘルプに入った時間も、みんなが笑顔で暖かい気持ちになりました。

・フォトスライドショー

 一昨日から殆ど、空き時間をフォトスライドショーの時間に使っていたので、目が疲れてしまったのですが、無事に完成し、お昼にみんなに見て頂けて嬉しかったです。紅白歌合戦用で作り始めたので、少し遊び過ぎていた所もあったのですが、まえちゃんが手直しもしてくれて、優しい面白さのムービーに修正してくれたり、昨日の午後にりなちゃんが作っていたムービーが消えてしまうというハプニングもあったのですが、昨夜に今朝も朝起きて髪を縛る前からまえちゃんとムービーを作って、朝食後もギリギリだったのですが、お餅つきまでに完成させることができて安心しました。

 本当にスライドショーを作る時間が楽しくて、なのはなにいる間も、大人になって働くとしても、写真やムービーの編集、スライドショーを作りたいなと思うし、どうしてか分からないくらい写真を撮るのが好きで、ムービーを作るのが楽しくて、見える世界もできる世界も広がっていくのを感じます。私は絵とか音楽のような芸術の才能は全くないのですが、お父さんやなっちゃんに写真部を任されてから、本当に写真が楽しくて、とてもありがたいなと思います。
 みんなに喜んでもらえて嬉しかったです。

 午後は水菜の追肥や草取り、ネット掛けに、10人で手分けをしてセロリの水やりや追肥、落ち葉堆肥作りなどを進めて、久しぶりに畑で思いっきり動いた時間が楽しかったです。私は追肥に苦手意識があったのですが、水菜の追肥は今までにないくらい、やりやすくて、スムーズに進んで、自己肯定感が高まるような作業だなと思いました。ネット掛けも譲れないくらい好きなので、思う存分できて嬉しかったし、目標よりも30分早く作業が進み、最後はやよいちゃんとさきちゃんとお風呂のライトアップされるところに小石を敷き詰める作業もできて、お母さんが南天を生けて下さるお話も嬉しかったです。

 今日はおじいちゃんがなのはなに泊まって下さるということで、おじいちゃんと過ごせる時間が嬉しいなと思うし、午後にみんながしめ縄作りもしてくれて、古吉野中にしめ縄が飾られていて、今年は花ユズや南天もウラジロと一緒に飾られていて、とても素敵で、お正月らしく、優しい気持ちになりました。

 夕方、洗濯当番で6時前まで外に出ていたら、あっという間に外が暗くなってお星さまが出ていました。流れ星は見る事ができなかったのですが、永禮さんに、「今日はありがとうございました」と少しお話して、お見送りができて永禮さんの存在に本当に助けてもらっているなと感じたり、もう冬至は過ぎたのでこれからまた日が延びていくと思うと明るい気持ちになりました。

 夜の集合のお話も嬉しかったです。(私は誰が見ていても見ていなくても恥ずかしくないような、なのはなの子としてのプライドを持った人を演じます)おやすみなさい。